横山家 (観光情報) (観光情報) | 函館・大沼観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
横山家
横山家はニシンそばで有名な江差で200年以上営業を続ける蕎麦屋です。元はニシン漁業から始まり、その創業当初から残る建築物は観光名所としても有名です。古民家の中でニシンそばを食べながら歴史に浸ることができるスポットです。
歴史
横山家は、寛延元年(1748)、能登の国(現在の金沢県)に生まれた初代横山宗右衛門が志を立てて当地に渡り、ニシン漁業の経営と、製品加工販売に着手しました。2代目宋右衛門にいたっては、北陸はもとより、京都において公家の今城殿の御用商をつとめるまでに発展して、北陸の商人として全国的な基礎を固めました。以後、横山家は代々宋右衛門を襲名し、家業を守りました。5代目宋右衛門は、ニシンの北上とともに、江差の繁栄を支えた北前船が衰退したのを機に、米・雑穀の問屋に転換し、難局を乗り切りました。現建物は明治26年(1893)に、150年前の建築様式で再建したものです。

見どころ
横山家は、母屋と4番倉には、ニシン漁全盛期の頃に使用されていた、生活道具などが展示され、当時の暮らしぶりを今に伝える貴重な建物です。当時そのままの建物は、趣と風流を感じさせてくれます。

函館・大沼人気アクティビティランキング

横山家 (観光情報) (観光情報) | 函館・大沼観光 VELTRA(ベルトラ)
横山家はニシンそばで有名な江差で200年以上営業を続ける蕎麦屋です。元はニシン漁業から始まり、その創業当初から残る建築物は観光名所としても有名です。古民家の中でニシンそばを食べながら歴史に浸ることができるスポットです。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜