支笏湖 (観光情報) (観光情報) | ニセコ・支笏・洞爺・登別観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
支笏湖
4.50
支笏湖はカルデラ湖で北海道の支笏洞爺国立公園にあります。支笏湖の大きさは、13kmの長径、5kmの短径で、東西にほとんど長いマユのような形になっています。支笏湖の最大の深度は約360mで、周りは約40キロになっています。重要な北海道の観光スポットにもなっています。また、最も国内においてきれいな湖のひとつになっており、不凍湖の日本で最北のものとしても有名になっています。支笏湖へのアクセスとしてバスを利用する場合は、直通バスが新千歳空港より出ており、約50分で着きます。
歴史
湖の名前の由来は、アイヌ語でシコツという大きな窪地ということです。この窪地というのは、支笏湖が水源である千歳川が削った深い谷を言っていたもので、千歳川の古い呼び名でもありました。現在の苫小牧市付近までを、松前藩の頃は志古津と呼んでいました。 支笏湖のことを、アイヌ民族はシコツ川の水源の意味でシコツ・トーと呼んでいたと言われています・

見どころ
支笏湖の見どころのひとつである観光船についてご紹介しましょう。 支笏湖の観光船としては、水中遊覧船、高速艇、ペダルボートがあります。 水中遊覧船は、船の前面にも移動することができるタイプと2階建てのタイプの2つがあります。そのため、水中散歩を2通り神秘的に楽しむことができます。 高速艇は、7名乗りと12名乗りがあります。ダイナミックに高速で流れる風景を楽しむことができます。 ペダルボートは、漕ぐのが自分でできるので面白いものです。さまざまなところに行くことができます。

ニセコ・支笏・洞爺・登別人気アクティビティランキング

支笏湖の新着体験談

久しぶりの楽しいカヤック!

2021/09/14 カップル・夫婦 てぃてぃ

雨の心配もありカッパを着けてスタートしたが、お天気は次第に良くなり快適なカヤック体験となった。支笏湖から流れる千歳川を下り、折り返すコースは穏やかながら、インストラクターの指導もよろしく、大変透明な底に沈む腐食しない木々に驚きつつ、木陰くぐ... 続きを読む

閉じる

支笏湖の透明度を身近に感じれる体験

2021/08/30 友達・同僚 ななな

当日は風強く波が高いため、湖には出ず川のみでしたが、クリアカヤックならではですが、透明度を身近に感じられました、風や緑や水を身近に感じられリフレッシュできました、
スタッフの方々も親切で、楽しかったです

ただ、2時間と記載ありました... 続きを読む

閉じる

コストパフォーマンス最高

2021/08/19 家族 arima

オリンピック開催中の4連休の谷間に
三人で参加しました。
ベルトラのオプショナルツアーは海外
ではよく利用させてもらっていました。
昨今のコロナ禍で昨年から国内にシフト。
ベルトラのツアー企画力、コストパ、
信頼力は群を抜いてい... 続きを読む

閉じる

楽々観光

2021/07/28 カップル・夫婦 旅パンダ

前日は1日レンタカーで観光。当日は個人で行ったら疲れて立寄りが面倒になってしまいそうな午後も楽々観光できて楽しかったです。
ツアーならではのホタテが一杯の昼食をいただきました。
有珠山の火口原展望台からの景色もよかった。
(時間があっ... 続きを読む

閉じる

透明感バッチリな支笏湖でのカヤック体験

2021/07/27 家族 kurotaku

家族4人で参加しました。始めてのカヤックでしたが、スタッフ方が丁寧に説明してくれた為、楽しい時間を過ごすことができました。有難うございました。
真夏の時期にとても涼しく、透明な支笏湖の大自然を満喫できました。また機会があったら参加したいと... 続きを読む

閉じる

おもてなし

2021/07/25 カップル・夫婦 かまちゃん

運転兼ガイドの岸川さん、
大変お世話になりました‼︎
おかげさまで楽しい時間を過ごせました。
お疲れなのに、それぞれのホテル迄送っていただき感謝です、ありがとうございました。

支笏湖 (観光情報) (観光情報) | ニセコ・支笏・洞爺・登別観光 VELTRA(ベルトラ)
支笏湖はカルデラ湖で北海道の支笏洞爺国立公園にあります。支笏湖の大きさは、13kmの長径、5kmの短径で、東西にほとんど長いマユのような形になっています。支笏湖の最大の深度は約360mで、周りは約40キロになっています。重要な北海道の観光スポットにもなっています。また、最も国内においてきれいな湖のひとつになっており、不凍湖の日本で最北のものとしても有名になっています。支笏湖へのアクセスとしてバスを利用する場合は、直通バスが新千歳空港より出ており、約50分で着きます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜