小樽運河 (観光情報) (観光情報) | 小樽・積丹観光 VELTRA(ベルトラ)

新型コロナウイルス感染症、発生に伴う現地ツアーの催行状況について

北海道を開拓する時の玄関口として小樽運河は発展をして来た経緯があります。当初、巨大な船舶を沖に停留をしてはしけを利用をした荷揚げが行われていました。しかし徐々に荷物の量が多くなって来ると手間がかかってしまいます。そのためはしけで直接倉庫近くまで行けるようにする為に水路が作られました。これが小樽運河となったのです。運河沿いには複数の石造倉庫が並んでいますが、当時のままで残されており、レストランの店舗等で利用されています。夕暮れの時間になるとライトアップがされて小樽運河にはロマンチックな雰囲気が漂います。
歴史
大正12年に小樽運河が完成しました。 内陸を掘ったのではなくて海岸の沖合が埋め立てられて作られていますので、湾曲した形となっています。 戦後には埠頭の岸壁が整備されて小樽運河が使用されなくなりました。 昭和61年になると、埋め立てについての10年もの年月をかけた論争が終わりを迎えます。 1部を埋め立てて、その半分を道路として利用をし、散策路と街園が整備される事になりました。

見どころ
冬になると小樽運河では小樽雪あかりの路の会場となります。 小樽運河の散策路を見ると、全体的にイチョウ模様を象るようにして、無数のサイコロを思わせる形をした御影石が埋め込まれています。 ガス灯が63程もあり夕暮れになると明かりが灯って石造倉庫がライトアップされます。 小樽運河沿いには3体のモニュメントを見る事が出来る場所です。 市の木のシラカンバがモチーフとなったフェンスも設置されています。 4箇所のポケットペースには、小樽の歴史をテーマにしたレリーフが飾られています。 浅草橋街園は写真撮影のスポットであり多くの観光客が集まる場所です。 この浅草橋街園街は観光案内所も設置されていますので道に迷ったら頼りになるでしょう。
10アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    なぜ小樽は観光地なの?普通のツアーでは絶対聞けない裏話が満載のウォーキングツアーです。小樽が観光地として盛んになるまでの歴史や、このツアーだけのとっておきの話が聞けます。カギとなるのは光。光の正体も探る、魅力いっぱいの2時間ツアーです。

    JPY3,300

    毎日
    2時間 (午前, 午後)
  2. No.2
    人力車で周るのにちょうど良いサイズの小樽の町。浜風が心地よい夏、哀愁漂う秋、雪景色が美しい冬など四季のはっきりした情景を見せる小樽運河。歴史が息づく美しい港町をご案内します。20年以上の歴史を持つえびす屋のおもてなしで特別なひとときを。

    JPY2,000

    グループ割引
    毎日
    0.5 ~ 2時間 (午前, 午後, 夜)
  3. No.3
    札幌からちょっと足を延ばして小樽へ日帰りで行く楽々快適な観光タクシー。1台当たりの料金ですのでグループで参加すればとってもお得です。おすすめの観光コースやご希望の場所へ、快適なニュークラウンで快適に観光してみませんか?
    送迎付き

    JPY21,840

    9%
    OFF
    早割
    毎日
    4 ~ 5時間 (午前, 午後)
  4. 北海道三大夜景の1つ小樽天狗山からの景色は、夜景はもちろん日中もとても綺麗です。夜20:00スタートまでお好きな時間に観光開始!夜小樽へ着いた方も、日中の歓呼を楽しみたい方も、1時間から丸1日まであなただけの小樽観光をお楽しみください。
    送迎付き

    JPY6,820

    毎日
    (午前, 午後, 夜)
  5. 小樽観光の新定番アクティビティとして近年注目のナイトクルーズ。まるでヴェネチアの運河クルーズのように、ロマンチックな夜景を川面からお楽しみいただけます。両側には重厚な倉庫群が立ち並び、幻想的!所要時間約40分と気軽に参加できるのも魅力です。

    JPY1,800

    毎日
    1時間 (午後, 夜)
  6. 札幌駅・新千歳空港で乗降車ができる小樽・支笏湖観光バスツアー!札幌から乗車の場合は、小樽観光後に新千歳空港へ直行できます。新千歳空港から乗車の場合は、支笏湖散策のあと主要ホテルまでお送り。旅行初日も最終日も有効活用できる、便利なコースです♪
    プレゼント特典

    JPY2,400

    毎日
    (午前, 午後)
  7. 札幌を出発し一路小樽へ!小樽バインにてワインの試飲等を楽しんだ後は、小樽運河を自由散策です。昼食はホテルのバイキング♪その後田中酒造の工場見学を経て、大正ロマンを感じさせる街並みを散策。4/11〜11/3は天狗山ロープウェイにも乗車します。
    送迎付き
    食事付き
    プレゼント特典

    JPY5,550

    毎日
    (午前)
  8. 北海道の観光スポットとして人気の小樽運河。まるでヴェネチアの運河クルーズのように、レトロな倉庫群が立ち並ぶ運河をを川面からお楽しみいただきます。所要時間約40分と気軽に参加できるのも魅力です。隙間時間に川の流れに身をゆだねてみませんか?

    JPY1,500

    毎日
    1時間 (午前, 午後, 夜)
  9. 小樽運河や北一硝子など小樽の観光名所をめぐるコース。ちょっと足をのばし余市ニッカウイスキー工場や積丹まで観光するプランも人気です。貸切なので気兼ねせずグループやお仲間、ご家族でゆっくり楽しむことができます。
    送迎付き

    JPY42,800

    毎日
    (午前, 午後, 夜, 深夜)
  10. 四季のはっきりした情景を見せる小樽運河。商人たちの心意気が今なお残り、歴史が息づく港町をご案内いたします。観光地化されていない北運河を中心に、明治・大正時代の面影が残る街並みを駆け抜ける人気のコースです。

    JPY7,000

    毎日
    0.5時間 (午前, 午後, 夜)

小樽・積丹の人気アクティビティランキング

小樽運河 (観光情報) | 小樽・積丹観光| VELTRA(ベルトラ)

北海道を開拓する時の玄関口として小樽運河は発展をして来た経緯があります。当初、巨大な船舶を沖に停留をしてはしけを利用をした荷揚げが行われていました。しかし徐々に荷物の量が多くなって来ると手間がかかってしまいます。そのためはしけで直接倉庫近くまで行けるようにする為に水路が作られました。これが小樽運河となったのです。運河沿いには複数の石造倉庫が並んでいますが、当時のままで残されており、レストランの店舗等で利用されています。夕暮れの時間になるとライトアップがされて小樽運河にはロマンチックな雰囲気が漂います。