JR小樽駅は北海道小樽市にある北海道旅客鉄道の駅です。札幌や長万部といった場所に行くための地点という事もあり、駅を通る函館本線の中で最も重要な駅として挙げられています。以前までは北海道と本州を繋ぐ大きな役割を持ち「山線」という愛称でも親しまれてきました。2010年には駅舎のリニューアル工事が行われ、耐震性も強化された経緯があります。外観も1900年初頭の状態に復元した事もあり、観光地としても人気を集めています。
歴史
JR小樽駅は1903年に小樽中央駅として造られ、同年7月には稲穂駅として名前を変えました。翌年には駅を通る北海道鉄道が全線開通したことにより高島駅として改名され、国有鉄道化された後の1920年には小樽駅として名前が変わりました。この小樽駅という名前は2代目となっており、初代は現在「南小樽駅」という名前で親しまれています。

見どころ
JR小樽駅はリニューアル工事が行われたあと、1903年の設立当時の姿へと形を変え、より歴史ある雰囲気を醸し出しています。札幌からも快速電車を使い約30分の場所にあるという事から、観光名所の着点として利用される方も少なくありません。市内には浅草橋街園や小樽倉庫跡地(現在は観光物産プラザ)などの観光スポットがあるほか、季節によっては桜やモミジの名所などが広がっています。駅構内には観光案内所も併設されているため、初めて北海道や小樽に来た方も安心して利用することができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

小樽・積丹の人気アクティビティランキング

JR小樽駅 (観光情報) | 小樽・積丹観光| VELTRA(ベルトラ)

JR小樽駅は北海道小樽市にある北海道旅客鉄道の駅です。札幌や長万部といった場所に行くための地点という事もあり、駅を通る函館本線の中で最も重要な駅として挙げられています。以前までは北海道と本州を繋ぐ大きな役割を持ち「山線」という愛称でも親しまれてきました。2010年には駅舎のリニューアル工事が行われ、耐震性も強化された経緯があります。外観も1900年初頭の状態に復元した事もあり、観光地としても人気を集めています。