旧日本郵船 小樽支店は、旧日本郵船株式会社小樽支店は明治37年着工で、同39年10月に落成した、近世ヨーロッパ復興様式の石造り2階建建築です。設計者は、「佐立七次郎」、施工は地元の大工棟梁「山口岩吉」があたり、工費は当時の金額で約6万円でした。当時小樽は、北海道開拓の拠点都市として、商業港湾機能を充実しつつあり、船舶・海運・倉庫業界が競って、船入澗を設置し石造倉庫を建てました。現在では重要文化財に指定されています。
見どころ
旧日本郵船 小樽支店は、建設当時、小樽は北海道開拓の拠点都市として、商業港湾機能を充実しつつあり、船舶・海運・倉庫業界が競って船入澗を設置し、石造倉庫を建てました。また、明治後半から一流建築家達が当時の最先端の技術で、代表的作品を残しました。この建物はその草創期の象徴的存在です。旧日本郵船 小樽支店は、明治後半に建てられた古い建物ですので、当時の歴史を感じさせてくれて、感慨深い気持ちにさせます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

小樽・積丹の人気アクティビティランキング

旧日本郵船 小樽支店 (観光情報) | 小樽・積丹観光| VELTRA(ベルトラ)

旧日本郵船 小樽支店は、旧日本郵船株式会社小樽支店は明治37年着工で、同39年10月に落成した、近世ヨーロッパ復興様式の石造り2階建建築です。設計者は、「佐立七次郎」、施工は地元の大工棟梁「山口岩吉」があたり、工費は当時の金額で約6万円でした。当時小樽は、北海道開拓の拠点都市として、商業港湾機能を充実しつつあり、船舶・海運・倉庫業界が競って、船入澗を設置し石造倉庫を建てました。現在では重要文化財に指定されています。