堺町本通りは、北海道小樽市堺町にある、通りのことです。小樽オルゴール堂のある、メルヘン交差点から北のウォール街へ向かってのびる、約750メートルの通りです。北一硝子の食器類のお店や、硝子細工の小物や雑貨のお土産屋さんが立ち並び、大変に活気あふれる通りです。かつては国道で、明治時代から昭和初期にかけて、市の繁栄を支えてきたため、「堺町通り」には今も、当時を思わせる古い商家や洋館がずらりと並んでいます。明治の時代から繁栄してきた堺本通りですが、今でも市の重要な観光スポットとなっています。
見どころ
堺町本通りは、洋風のクラシカルな面影の建物はもちろんのこと、和風テイストのレトロな家屋も多く、見ているだけで当時をしのばせる思いに駆られてしまいます。年配の方なら十分楽しめること間違いなしの通りです。現在は、それらを再利用したガラス店や洋菓子店など、個性的な店舗が、軒を連ねる商店街として活気にあふれ、明るい時間帯は多くの観光客で賑わっています。堺町本通りの魅力は、多くのガラス工芸品でしょう。この場所には多くのガラス工芸品店がずらりと並んでいます。美しいガラス工芸品は、お気に入りを見つけて購入するのも良し、また見て歩くだけでも十分に楽しめる場所です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

小樽・積丹の人気アクティビティランキング

堺町本通り (観光情報) | 小樽・積丹観光| VELTRA(ベルトラ)

堺町本通りは、北海道小樽市堺町にある、通りのことです。小樽オルゴール堂のある、メルヘン交差点から北のウォール街へ向かってのびる、約750メートルの通りです。北一硝子の食器類のお店や、硝子細工の小物や雑貨のお土産屋さんが立ち並び、大変に活気あふれる通りです。かつては国道で、明治時代から昭和初期にかけて、市の繁栄を支えてきたため、「堺町通り」には今も、当時を思わせる古い商家や洋館がずらりと並んでいます。明治の時代から繁栄してきた堺本通りですが、今でも市の重要な観光スポットとなっています。