小樽雪あかりの路(おたるゆきあかりのみち、Otaru Snow Light Path)は、1999年(平成11年)より開催されています。例年2月に、北海道小樽市で開催されている雪とろうそくの祭典で、冬の北海道を代表するイベントです。「小樽雪あかりの路実行委員会(中村全博 実行委員長)」が主催し、市民、地元商店街、町内会、企業、学校やボランティアなどが支えています。期間中は、歴史的な街並みの中に並べられた、無数のキャンドルによって幻想的な雰囲気が演出され、人気が定着しつつあります。近年では、50万人前後の来場者数を記録しています(過去最高は第10回(2008年)の57万5000人)。地元では、「雪あかりの路」の通称で親しまれています。手宮線会場と運河会場が、メイン会場となっています。第14回(2012年)では、市内46会場で行われました。
見どころ
小樽雪あかりの路は、夕暮れ時からあかりが灯され始めて、夜9時までローソクのあかりで埋め尽くされる小樽。 雪の中にほのかにゆらめく無数の灯りは、ひとりひとりの祈りとなり、願いとなると言われています。スタッフたちは10日間、このかよわい、ささやかな灯りを絶やすことはありません。小樽雪あかりの路というイベントの名称は、伊藤整の詩集である「雪明かりの路」に由来しています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

小樽・積丹の人気アクティビティランキング

小樽雪あかりの路 (観光情報) | 小樽・積丹観光| VELTRA(ベルトラ)

小樽雪あかりの路(おたるゆきあかりのみち、Otaru Snow Light Path)は、1999年(平成11年)より開催されています。例年2月に、北海道小樽市で開催されている雪とろうそくの祭典で、冬の北海道を代表するイベントです。「小樽雪あかりの路実行委員会(中村全博 実行委員長)」が主催し、市民、地元商店街、町内会、企業、学校やボランティアなどが支えています。期間中は、歴史的な街並みの中に並べられた、無数のキャンドルによって幻想的な雰囲気が演出され、人気が定着しつつあります。近年では、50万人前後の来場者数を記録しています(過去最高は第10回(2008年)の57万5000人)。地元では、「雪あかりの路」の通称で親しまれています。手宮線会場と運河会場が、メイン会場となっています。第14回(2012年)では、市内46会場で行われました。