小樽・積丹半島日帰り観光ツアー | 小樽・積丹の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
小樽・積丹半島日帰り観光ツアー
3.92
小樽や積丹半島へ足を伸ばすなら、札幌発着の日帰りオプショナルツアーが便利。レンタカーでのドライブや公共交通機関を利用しての旅行もいいですが、慣れない土地での移動は現地を知り尽くしたドライバーにお任せし、思い切り観光を楽しんではいかがでしょうか。小樽駅周辺には小樽観光で外せない人気の観光スポットや市場が集まっているので、ドライバーにおすすめのモデルコースやグルメを提案してもらうのもよいのでは。北一硝子やオルゴール堂を見学したり、歴史を感じられる建物の集まる町並みを眺めたり、あるいは有名なルタオのスイーツやレトロなカフェでのランチを楽しんだりと、思い思いにお過ごしいただけます。また小樽運河は夜景もとても素敵で、北海道の夜の見どころの1つとなっています。札幌から積丹へのアクセスも、ツアーならルート確認の心配もいりません。積丹ブルーの美しい海や、島武意海岸、積丹岬、神威岬からの絶景に次ぐ絶景は、まさに一見の価値あり。また積丹半島といえば、美しい景色とともにウニやニッカウヰスキーが外せません。余市ではニッカウヰスキー、積丹町ではウニ丼やお寿司をと、景色も食事も存分にお楽しみください。

小樽・積丹人気アクティビティランキング

小樽・積丹半島日帰り観光ツアーの新着体験談

雪あかりの路2020

2020/02/14 友達・同僚 あおし

定期観光バスでバスガイドさんがベテランで、移動中も飽きさせず、とても楽しいバスツアーでした。
時間もゆとりがあり忙しくありませんでした!

観光

2018/03/10 カップル・夫婦 じゃーまん

始めて参加させて頂きました。何から何まで、大満足でしたー。バスツアーが始めてなので、ガイドさんに、待ち合わせの場所からも、会える事が出来るのか、不安だったのですが、バスのチケット売り場から、ガイドさんが、迎えに来てくれたので、後は、乗ってい... 続きを読む

閉じる

良かったです!

2018/03/04 友達・同僚 ゆきん

天候は悪かったものの、最後には綺麗な雪灯りを見ることができました。満遍なく色々な所にいけて満足していますが、もうちょっと時間があれば!と思う所もありました。ガイドさんはとても親切でした。
冬の夜なのでしっかり防寒していった方がいいです。

雪でテンションMAX

2018/02/20 友達・同僚 ku-

熟女4人で札幌雪祭りの翌日に参加しました。
冬の小樽は初めてで、しかも気温マイナス6度でしたが、雪の中で明かりが灯ると幻想的な雰囲気でとても綺麗でした。天狗山の山頂からの眺めも素敵でした。九州からの参加で、今までにこんな雪を見たこと、経験... 続きを読む

閉じる

北海道旅行

2016/09/24 家族 かおりん

小樽運河が幻想的でロマンチックでした。
地元の方の手作りの暖かさが感じるお祭りでした。
今度はもう少し時間ゆっくり行ってみたい街でした。

バスツアー 小樽雪あかりの路コース<2/5~2/14限定/札幌発・小樽発> / 札幌駅前バスターミナルから乗車プラン

2016/04/03 ひとりで kumi

思っていた以上に良かったです。
小樽雪あかり会場では自由行動なので、自分のペースで好きに見られました。小樽雪あかりはアットホーム的な温かさがありますね。
午後出発だったので朝、札幌の雪像解体を見る事ができたのも良かったです。

小樽・積丹半島日帰り観光ツアー | 小樽・積丹の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
小樽や積丹半島へ足を伸ばすなら、札幌発着の日帰りオプショナルツアーが便利。レンタカーでのドライブや公共交通機関を利用しての旅行もいいですが、慣れない土地での移動は現地を知り尽くしたドライバーにお任せし、思い切り観光を楽しんではいかがでしょうか。小樽駅周辺には小樽観光で外せない人気の観光スポットや市場が集まっているので、ドライバーにおすすめのモデルコースやグルメを提案してもらうのもよいのでは。北一硝子やオルゴール堂を見学したり、歴史を感じられる建物の集まる町並みを眺めたり、あるいは有名なルタオのスイーツやレトロなカフェでのランチを楽しんだりと、思い思いにお過ごしいただけます。また小樽運河は夜景もとても素敵で、北海道の夜の見どころの1つとなっています。札幌から積丹へのアクセスも、ツアーならルート確認の心配もいりません。積丹ブルーの美しい海や、島武意海岸、積丹岬、神威岬からの絶景に次ぐ絶景は、まさに一見の価値あり。また積丹半島といえば、美しい景色とともにウニやニッカウヰスキーが外せません。余市ではニッカウヰスキー、積丹町ではウニ丼やお寿司をと、景色も食事も存分にお楽しみください。