北海道庁旧本庁舎 (観光情報) (観光情報) | 札幌近郊観光 VELTRA(ベルトラ)
北海道庁旧本庁舎とは、北海道における本庁舎として建てられたもので現在では北海道文書館として一般公開されています。北海道札幌市の中央区に位置しており、外観は煉瓦造りのため、赤れんが庁舎や赤れんがなどと呼ばれています。北海道を象徴する建物の一つのため、今でも北海道では赤れんががキーワードになっており名前を冠したおみやげや番組などが制作されていることから広く認知され親しまれています。また国の重要文化財にも指定されています。
歴史
北海道庁旧本庁舎の歴史として明治21年、1888年に赤れんが庁舎が完成しました。しかし明治42年、1909年には赤れんが庁舎が火災に見舞われます。この火災のため復旧工事が行われることになりますが、約2年ほどの時間を費やして工事を終えることになります。明治を終え大正に入ると赤れんが庁舎前の道路が舗装されイチョウ並木を植えるなど近代化と外観の整備が行われました。昭和に入ると国の史跡指定、重要文化財に指定されることになりました。

見どころ
北海道庁旧本庁舎の見どころとしては、現代に残る赤煉瓦の建築物の外観です。イチョウ並木を抜けて目の前に広がった建物を見ると圧巻です。またどこか昔の匂いを感じることができるため、歴史を感じたい方にも向いているでしょう。建物内の北海道文書館は一般公開されており、観光情報コーナーや歴史を垣間見ることができるギャラリー、資料館など館内を見て楽しむことも可能です。館内にある会議室は今でも道庁の会議室として使用されているため日によっては内覧することができないことがあるので注意が必要です。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    自然豊かな公園や音楽と触れ合える場所、札幌の街並みを見渡せるテレビ塔や、赤レンガとして有名な道庁旧庁舎、札幌時計台など札幌の有名観光名所を巡ります。タクシーだから見れる名所周辺の景色を見ながら観光してみてはいかがでしょうか。
    送迎付き

    JPY18,630

    毎日
    2 ~ 6時間 (午前, 午後)

札幌近郊の人気アクティビティランキング

北海道庁旧本庁舎 (観光情報) | 札幌近郊観光| VELTRA(ベルトラ)

北海道庁旧本庁舎とは、北海道における本庁舎として建てられたもので現在では北海道文書館として一般公開されています。北海道札幌市の中央区に位置しており、外観は煉瓦造りのため、赤れんが庁舎や赤れんがなどと呼ばれています。北海道を象徴する建物の一つのため、今でも北海道では赤れんががキーワードになっており名前を冠したおみやげや番組などが制作されていることから広く認知され親しまれています。また国の重要文化財にも指定されています。