北海道大学イチョウ並木は、北大構内の北13条通り両側、東西約380メートルにわたり、70本のイチョウが植えられています。通称北海道イチョウ並木と呼ばれています。例年10月下旬から11月上旬にかけ黄葉し、多くの方が訪れています。イチョウの木は、正式には「銀杏、公孫樹、鴨脚樹、学名:Ginkgo biloba」と言います。イチョウは、裸子植物門イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属に属する、裸子植物です。繁殖力が強く、人為的に広く栽培・植樹されていますが、現存する唯一のイチョウ綱であり、生きた化石としてレッドリストの絶滅危惧IB類に指定されているほどです。
歴史
北海道大学のイチョウ並木は、北海道大学が出来た後に植林されたものです。イチョウは、今では大変貴重な木として世界的にも有名で、なんとか絶滅の危機から救おうと、世界中で植林が盛んですが、実は日本は、イチョウの植林にかけては世界的にもトップクラスにある国です。つまり、イチョウの保護と同時に、植林によりイチョウを増やす度技術にかけては世界でもトップレベルの国なのです。

見どころ
北海道大学のイチョウの木は大きいことで有名です。朝早くから、ファミリーや犬を連れた人がたくさんイチョウの木を見に来るほどです。特に、紅葉は美しいため、紅葉の時期には多くの見物客が訪れます。黄金色に輝くトンネルの散歩するのも楽しいことです。ハラハラとイチョウの葉が落ちてくる光景は、大変見ごたえがあります。北海道大学の場合には、モミジ・イチョウ・松のコラボレーションが特に美しいと言われています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

札幌近郊の人気アクティビティランキング

北海道大学イチョウ並木 (観光情報) | 札幌近郊観光| VELTRA(ベルトラ)

北海道大学イチョウ並木は、北大構内の北13条通り両側、東西約380メートルにわたり、70本のイチョウが植えられています。通称北海道イチョウ並木と呼ばれています。例年10月下旬から11月上旬にかけ黄葉し、多くの方が訪れています。イチョウの木は、正式には「銀杏、公孫樹、鴨脚樹、学名:Ginkgo biloba」と言います。イチョウは、裸子植物門イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属に属する、裸子植物です。繁殖力が強く、人為的に広く栽培・植樹されていますが、現存する唯一のイチョウ綱であり、生きた化石としてレッドリストの絶滅危惧IB類に指定されているほどです。