釧路市湿原展望台 (観光情報) (観光情報) | 知床・網走観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

釧路市湿原展望台

釧路市湿原展望台は、建築設計家である「毛綱毅曠」氏の設計により、湿原に群生する、「ヤチボウズ」をモチーフとした古風な西欧の城を思わせる建物で、昭和59年1月にオープンしました。 平成19年4月には、リニューアルを行い、「水の大地」釧路湿原を再現したジオラマや、過去に釧路湿原で捕獲された最大スケールの「イトウ」(2M)を再現した木彫り、「四季の湿原」や、ライブ映像を見ることが出来る65インチ液晶モニターを設置しており、湿原の生い立ちや、現在を見ることが出来ます。
見どころ
釧路市湿原展望台には、2メートルもの大きさの世界でも最大級の「イトウ」の木彫りや、65インチフルビジョンによる、釧路湿原の成り立ちなどを学ぶことが出来るようになっています。3階の展望室は、くつろげるように椅子が設けられており、また屋上からは四季折々の湿原の変化を見ることができます。 2メートルもの木彫りの魚は、見る者を圧倒します。また、フルビジョンによる大迫力の上映会は、評判も上々のようです。さらに見学に疲れたら展望室で休憩しながらくつろぐことも出来ます。

知床・網走人気アクティビティランキング

釧路市湿原展望台 (観光情報) (観光情報) | 知床・網走観光 VELTRA(ベルトラ)
釧路市湿原展望台は、建築設計家である「毛綱毅曠」氏の設計により、湿原に群生する、「ヤチボウズ」をモチーフとした古風な西欧の城を思わせる建物で、昭和59年1月にオープンしました。 平成19年4月には、リニューアルを行い、「水の大地」釧路湿原を再現したジオラマや、過去に釧路湿原で捕獲された最大スケールの「イトウ」(2M)を再現した木彫り、「四季の湿原」や、ライブ映像を見ることが出来る65インチ液晶モニターを設置しており、湿原の生い立ちや、現在を見ることが出来ます。