網走国定公園 小清水 原生花園 (観光情報) (観光情報) | 知床・網走観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

網走国定公園 小清水 原生花園

小清水原生花園(こしみずげんせいかえん)とは、北海道斜里郡小清水町にある、砂丘上の草原地帯に広がる原生花園です。網走国定公園の一部であり、オホーツク海と、濤沸湖の間に形成された細長いエリアに、約40種類の野花が原生しています。特に美しいのは6 - 8月にエゾノコリンゴ、ハマナス、エゾスカシユリ、が咲く頃で、白、ピンク、赤、などの花々が、普段は殺風景な草原を染めます。北海道遺産に選定されています。
見どころ
小清水原生花園(こしみずげんせいかえん)は、オホーツク海に隣接する、東西約8kmの海岸草原です。平成16年11月に、北海道民の財産「北海道遺産」に登録されました。クロユリや、エゾキスゲ、エゾスカシユリ、ハマナスなど毎年5~9月にかけて、約70種の草花が、園地内に咲き誇ります。見頃は6月中旬~7月初旬です。特にエゾキスゲの群落は見事で、まるでじゅうたんを敷き詰めたようです。思わずシャッターを切りたくなる光景です。

知床・網走人気アクティビティランキング

網走国定公園 小清水 原生花園 (観光情報) (観光情報) | 知床・網走観光 VELTRA(ベルトラ)
小清水原生花園(こしみずげんせいかえん)とは、北海道斜里郡小清水町にある、砂丘上の草原地帯に広がる原生花園です。網走国定公園の一部であり、オホーツク海と、濤沸湖の間に形成された細長いエリアに、約40種類の野花が原生しています。特に美しいのは6 - 8月にエゾノコリンゴ、ハマナス、エゾスカシユリ、が咲く頃で、白、ピンク、赤、などの花々が、普段は殺風景な草原を染めます。北海道遺産に選定されています。