神戸どうぶつ王国とは、兵庫県神戸市にあるテーマパークです。中央区にあるポートアイランドに位置しており、花や鳥類とのふれあいができることが特徴です。温室が設置されており、多数の展示植物が配置されいます。その中には数多くの鳥が放し飼いになっているので、餌やりをおこなったり直接触れあったりすることが可能になっているパークです。温室のため年中通して訪れることができるので幅広い方が訪れています。
歴史
神戸どうぶつ王国の歴史について、2004年5月に鳥類コレクター加茂元照を代表した株式会社神戸花鳥園が設立されたことがきっかけとなり、2006年3月15日に神戸花鳥園という名称で開園を迎えました。2013年11月20日に民事再生法の適用を申請、2014年4月1日にアニマルエスコートサービスのグループ会社である神戸市内のどうぶつ王国が運営権を取得、2014年7月19日に神戸どうぶつ王国に名称変更を行い、リニューアルオープンしました。

見どころ
神戸どうぶつ王国の見どころについては、テーマパーク内の植物や鳥類、アウトサイドパークや企画イベントになるでしょう。パーク内の植物や鳥類と触れ合うのは多少怖いという方も居ますが、餌やりを通して慣れてくると楽しめるという意見もあります。またアウトサイドパークが新設されており、犬やひつじのショーや馬やカンガルーやアルパカとも触れ合うことが可能です。大型連休などには企画イベントも開催されており注目されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

神戸どうぶつ王国 (観光情報) | 兵庫観光| VELTRA(ベルトラ)

神戸どうぶつ王国とは、兵庫県神戸市にあるテーマパークです。中央区にあるポートアイランドに位置しており、花や鳥類とのふれあいができることが特徴です。温室が設置されており、多数の展示植物が配置されいます。その中には数多くの鳥が放し飼いになっているので、餌やりをおこなったり直接触れあったりすることが可能になっているパークです。温室のため年中通して訪れることができるので幅広い方が訪れています。