神戸ルミナリエとは、兵庫県神戸市で毎年12月に行われている祭典です。神戸市の外国人旧留置地で開催されており、通りや広場を特徴的な幾何学模様を使用したイルミネーションで配置することによって、昼間と夜間の異なるコントラストを作り出し幻想的な雰囲気を提供しています。これらの目的として、阪神大震災による被災者や死者に対する鎮魂や追悼の目的と神戸の街の復興を祈っており、結果神戸へ観光客を呼ぶことに成功しています。
歴史
神戸ルミナリエの歴史について、1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災で壊滅的な被害を受けた阪神地区に対して、復興と明かりを灯すという意味合いで1995年をきっかけにスタートしました。開催から徐々に観光客が増加しそれと共に問題も生じるようになりました。2001年の明石花火大会歩道橋事故やクリスマス商戦への悪影響などもあり、警備を強化したり開催時期をずらしたりと少しずつ開催内容も変わってきています。

見どころ
神戸ルミナリエの見どころは、やはりその景観になるでしょう。昼間とは打って変わって別の世界に変わってしまうのがルミナリエの特徴となっています。特に光り輝くアーチの中を始めて通る際には、感動がすごいことはよく取り沙汰されています。また12月に開催されていることもあって空気が冷えている中に、白熱電球の明かりが映えて見えるので幻想的な世界に浸ることが可能になっています。多くの観光客が訪れるためしっかりと日程や開催状況を把握しておくと良いでしょう。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

神戸ルミナリエ (観光情報) | 兵庫観光| VELTRA(ベルトラ)

神戸ルミナリエとは、兵庫県神戸市で毎年12月に行われている祭典です。神戸市の外国人旧留置地で開催されており、通りや広場を特徴的な幾何学模様を使用したイルミネーションで配置することによって、昼間と夜間の異なるコントラストを作り出し幻想的な雰囲気を提供しています。これらの目的として、阪神大震災による被災者や死者に対する鎮魂や追悼の目的と神戸の街の復興を祈っており、結果神戸へ観光客を呼ぶことに成功しています。