南京町 (観光情報) (観光情報) | 兵庫観光 VELTRA(ベルトラ)
南京町とは、兵庫県神戸市の元町通りと栄町通りをまたがっているエリアの総称です。この南京町という名はこのエリアの南京町商店街振興組合の登録商標であり、実際の正式的な地名ではありません。日本の中でも横浜、長崎新地に次ぐ三大中華街の一つであり、南京町は中国風の意匠が特徴となっていることがポイントです。狭いエリアですが店舗数約100からなっており食材から点心や、おみやげなど幅広く購入することができます。
歴史
南京町の歴史について、1867年の神戸港開港がきっかけとされています。 当時の清国は日本と条約非締結国であったことから、決められた外国人居留地に住むことが出来ない状態にありました。外国人旧留置地から西側に隣接しているエリアに定着し雑貨や食材を扱う店や飲食店を営んだことにより南京町と呼ばれていくようになりました。明治を終え昭和に入ると関西の台所として大きく繁栄しその名を全国にしらしめるようになっていきました。

見どころ
南京町の見どころは、中国風の景観を楽しみながら観光や食事などができるポイントになるでしょう。狭いエリアと称されている通り、東西200メートルと南北110メートルと小規模でありながらも多くの店舗が立ち並んでおり、様々な楽しみ方をすることができます。特に点心などを求める観光客が多いです。また中央通りには広場があり、あづまやと呼ばれている中央に柱がある施設なども観光客が座ってみたり写真撮影などを行っています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    神戸港にクルーズ船で到着される方にぴったりのツアーです!中華街やハーブ園のロープウェイ等、神戸の見どころを効率的に観光することが出来ます。車とドライバーを1日貸し切るプライベートツアーなので、ご自身のペースで、ゆっくり観光していただけます。
    送迎付き

    JPY61,000

    毎日
    6時間 (午前)

南京町 (観光情報) | 兵庫観光| VELTRA(ベルトラ)

南京町とは、兵庫県神戸市の元町通りと栄町通りをまたがっているエリアの総称です。この南京町という名はこのエリアの南京町商店街振興組合の登録商標であり、実際の正式的な地名ではありません。日本の中でも横浜、長崎新地に次ぐ三大中華街の一つであり、南京町は中国風の意匠が特徴となっていることがポイントです。狭いエリアですが店舗数約100からなっており食材から点心や、おみやげなど幅広く購入することができます。