風見鶏の館 (観光情報) (観光情報) | 兵庫観光 VELTRA(ベルトラ)
風見鶏の館とは、兵庫県神戸市にある歴史的な価値がある建造物です。北野町3丁目にあるもので、ドイツ人貿易商であるトーマスの住宅として建てられた西洋館となっており、旧トーマス邸などとも呼ばれています。この西洋館はしっかりとしたレンガ造りの外観と屋根の上に風見鶏があることから現在の呼称があり、また全国的に有名になったのは国営放送でのこの施設を扱ったドラマ放映がきっかけであり、以後この地域のシンボル的な存在になっています。
歴史
風見鶏の館の歴史について、1904年にドイツの貿易商であるゴットフリート・トーマスの住宅として建築されたことがきっかけとなっています。1914年にドイツ本国へ家族で帰国していた時に日独戦争が起こり帰国できず、風見鶏の館は戦時中に売買されてしまいます。1977年に国営放送のドラマで知名度が上がると、文化財としての価値も見直されるようになります。1978年には旧トーマス住宅として国の重要文化財として指定されました。

見どころ
風見鶏の館の見どころについては、やはりその建物の外観や建築様式になります。1995年にこの辺りで大規模な被害があった阪神淡路大震災でほぼ全壊するという憂き目に遭いましたが、現在では再建されており、当時に近い形でその姿を見ることが可能になっています。象徴とも言える風見鶏をはじめとして、外壁のレンガを眺めるだけでも当時の雰囲気などを感じ取ることが出来ます。内観なども素晴らしくなるべく当時のものが再現されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

風見鶏の館 (観光情報) | 兵庫観光| VELTRA(ベルトラ)

風見鶏の館とは、兵庫県神戸市にある歴史的な価値がある建造物です。北野町3丁目にあるもので、ドイツ人貿易商であるトーマスの住宅として建てられた西洋館となっており、旧トーマス邸などとも呼ばれています。この西洋館はしっかりとしたレンガ造りの外観と屋根の上に風見鶏があることから現在の呼称があり、また全国的に有名になったのは国営放送でのこの施設を扱ったドラマ放映がきっかけであり、以後この地域のシンボル的な存在になっています。