竹田城(たけだじょう)は、現在の兵庫県朝来市和田山町竹田にあった日本の城です(山城)。縄張りが虎が臥(ふ)せているように見えることから、別名虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)とも呼ばれるようになったと言い伝えられています。国の史跡に指定されています。また、城下からはるか高く見上げる山の頂に位置し、しばしば円山川の川霧により霞む(かすむ)ことから、「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも呼ばれることもあるようです。雲海に浮かび上がる古城の累々たる石垣群は、名物ともなっている。
見どころ
東に立雲峡を望む標高353.7mの古城山(虎臥山)の山頂に築かれ、縄張りは南北約400m、東西約100m。天守台をほぼ中央に配置し、本丸、二の丸、三の丸、南二の丸が連郭式に配され、北千畳部と南千畳を双翼とし、天守台北西部に花屋敷と称する一郭がある。廃城から約400年を経ているが、石垣がほぼそのままの状態で残っており、現存する山城として日本屈指の規模となっている。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

竹田城跡 (観光情報) | 兵庫観光| VELTRA(ベルトラ)

竹田城(たけだじょう)は、現在の兵庫県朝来市和田山町竹田にあった日本の城です(山城)。縄張りが虎が臥(ふ)せているように見えることから、別名虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)とも呼ばれるようになったと言い伝えられています。国の史跡に指定されています。また、城下からはるか高く見上げる山の頂に位置し、しばしば円山川の川霧により霞む(かすむ)ことから、「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも呼ばれることもあるようです。雲海に浮かび上がる古城の累々たる石垣群は、名物ともなっている。