宇多須神社 (観光情報) (観光情報) | 石川観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

宇多須神社

宇多須神社(うたすじんじゃ)は金沢の卯辰山山麓寺院群にある金沢五社のひとつで、通称毘沙門さんとも呼ばれる神社です。江戸時代には、加賀藩の藩祖前田利家公を金沢城内に創建した卯辰八幡宮に祀り、代々前田家の藩主の祈祷所としてきましたが、明治時代に尾山神社に遷座され、後に卯辰八幡宮は宇多須神社となりました。江戸時代からの神聖な井戸も残っています。金沢五社をすべて参拝することを「五社参り」と言って江戸時代から盛んに行われてきました。
歴史
宇多須神社は718年(養老2年)に多聞天社として創建された神社です。1599年(慶長4年)に加賀藩の藩祖である前田利家が亡くなり、前田利長は越中国の式内社物部神社(富山県)の八幡神を勧請し、金沢城の東に「卯辰八幡社」を建てて密かに合祀しました。利家を神として公然と祀るのが憚られたためです。1873年(明治6年)に旧藩士が尾山神社を創建し、卯辰山八幡宮より神霊遷座を行いました。その後1878年(明治11年)に卯辰八幡社は宇多須神社と改められています。

見どころ
【宇多須神社】江戸時代には加賀藩初代藩主の前田利家公をお祀りし、代々前田家の藩主が祈祷所として信仰してきました。明治時代には神霊を尾山神社に遷座したため、以降は県社となりましたが、8世紀に創建された歴史ある神社で金沢五社のひとつとして信仰を集めています。毎年2月3日の節分には「ひがし茶屋街」の芸者さんの踊りや豆まきの行事が行われます。【金沢五社】金沢市の神社で、宇多須神社、小坂神社、神明宮、椿原天満宮、安江八幡宮の五つの神社を総称して金沢五社と呼び、江戸時代から「五社参り」として有名です。

石川人気アクティビティランキング

宇多須神社 (観光情報) (観光情報) | 石川観光 VELTRA(ベルトラ)
宇多須神社(うたすじんじゃ)は金沢の卯辰山山麓寺院群にある金沢五社のひとつで、通称毘沙門さんとも呼ばれる神社です。江戸時代には、加賀藩の藩祖前田利家公を金沢城内に創建した卯辰八幡宮に祀り、代々前田家の藩主の祈祷所としてきましたが、明治時代に尾山神社に遷座され、後に卯辰八幡宮は宇多須神社となりました。江戸時代からの神聖な井戸も残っています。金沢五社をすべて参拝することを「五社参り」と言って江戸時代から盛んに行われてきました。