金沢城 極楽橋 (観光情報) (観光情報) | 石川観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
金沢城 極楽橋
4.86
(7)
金沢城の極楽橋は二の丸から三十間長屋のある本丸へ渡る、空堀に架かる木製の欄干が付いた小さな反り橋で、近年復元されたものです。金沢城内で個別に名前の付けられた橋は珍しく、金沢城はかつて加賀一向一揆の拠点の「金沢御堂」という寺院であったため、金沢御堂の遺構であると伝わっています。参拝する信者は朝に念仏を唱えながらこの橋を渡り、夕方は日本海に沈む夕日を拝んで極楽往生を願いながら橋を渡って帰ったといわれています。
歴史
現在金沢城のある場所には、1546年(天文15年)、加賀一向一揆の組織を支配していた大阪本願寺の拠点として、空堀や柵などを備える城郭寺院である金沢御堂が創建されました。金沢御堂には極楽橋があり、信者が念仏を唱えながら極楽浄土を願って渡ったといわれています。1580年(天正8年)、佐久間盛政が金沢御堂を攻め滅ぼして金沢城と改称し、1583年(天正11年)に前田利家が豊臣秀吉から金沢城を与えられ、1587年(天正15年)にキリシタン大名の高山右近を招いて改めて金沢城を築城しました。

見どころ
【金沢城・極楽橋】金沢城の極楽橋は、金沢城築城以前の金沢御堂の遺構と伝わっている橋です。加賀は本願寺派の浄土真宗が盛んで、金沢御堂は一向一揆の拠点となっていました。その当時信者が念仏を唱えながら渡った橋と伝わり、近年復元されたものです。極楽橋越しに三十間長屋がきれいに見えます。【金沢城・三十間長屋】金沢城は何度も大火によって焼失しており、三十間長屋は1759年(宝暦9年)の宝暦の大火で焼失し100年後の1858(安政5年)に再建された建造物です。金沢城に唯一現存する江戸時代の長屋建築として国の重要文化財に指定されています。

石川人気アクティビティランキング

金沢城 極楽橋の新着体験談

親切丁寧なドライバーさん

2019/09/05 友達・同僚 MIG

渋滞を加味したコース配分が出来ていなかったようで、少々残念でしたが、とても親切丁寧なドライバーさん&サービスでした。

高齢の両親を連れて

2019/05/08 家族 てるてる坊主

初めての金沢観光でした。高齢の両親を伴う旅行ではやはりタクシー観光がベストです。
これまでも名所と言われる日本各地に行きタクシー観光をしてきました。今回、今までで1番お若いドライバーさんでしたがとてもとても親切にして頂き、そしてまた遺跡名... 続きを読む

閉じる

親切丁寧で楽しめました★

2018/07/17 カップル・夫婦 masa

コチラの都合による時間変更にも快く対応して頂きありがとうございました!!!!!

観光案内も丁寧で、お心遣いも有難かったです。

また金沢へ行く際は是非お世話になりたいです!!

担当ドライバーの市川さん有難うございました!!

大満足

2017/11/15 カップル・夫婦 千恵子

とても親切なドライバーさんで観光案内も詳しく楽しく回ッて下さいました。船山さんありがとうございました。次回も宜しくお願いします。

金沢を満喫しました。

2017/08/16 家族 れんぺい

ドライバーさんがとても親切で、金沢が持つ魅力以上の楽しい観光が出来ました。
次はもっと長い時間を使って、今回まわりきれなかった場所にも行ってみたいです。

金沢城 極楽橋 (観光情報) (観光情報) | 石川観光 VELTRA(ベルトラ)
金沢城の極楽橋は二の丸から三十間長屋のある本丸へ渡る、空堀に架かる木製の欄干が付いた小さな反り橋で、近年復元されたものです。金沢城内で個別に名前の付けられた橋は珍しく、金沢城はかつて加賀一向一揆の拠点の「金沢御堂」という寺院であったため、金沢御堂の遺構であると伝わっています。参拝する信者は朝に念仏を唱えながらこの橋を渡り、夕方は日本海に沈む夕日を拝んで極楽往生を願いながら橋を渡って帰ったといわれています。