金沢城石川門 (観光情報) (観光情報) | 石川観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

金沢城石川門

まさに石川県のシンボルと言える金沢城は前田家の居城として明治時代まで使用されています。平成8年より一般公開され、多くの人達に親しまれる存在とされています。年間を通じて観光客も多く、特に春先は人気が高いです。金沢城石川門へは北陸自動車道金沢西ICから30程です。北陸新幹線を利用すれば東京から2時間半程度で金沢駅に到着します。街にはシャトルバスが整備されているので、主要な観光地への移動には利用すると便利です。
歴史
加賀一向一揆の拠点として、尾山御坊と呼ばれたこの地に金沢城が築城され、佐久間盛政の居城となったのは1580年の事です。その後秀吉によって盛政は討ち取られ、前田利家へと与えられます。前田利家は大規模な改修を行い、元々石垣に囲まれた要塞の様な場所は更に堅固な城となっていったのです。特に石川門の石垣は左右違う組み方がなされる等の特徴も見られます。戦後は大学の施設とされましたが、平成7年に大学が移出してからは急速に整備が進み、文献資料等からの復元がなされています。

見どころ
重要文化財にも指定された金沢城石川門は8年という歳月を経て、平成26年に修理工事が完成しています。金沢城石川門は複数の門が組み合わさる事で外部からの侵入を遅らせるのが目的です。更に鉛から作られた屋根瓦は有事には溶かして砲弾にする等の工夫が施されていたとも言われています。更に1602年の落雷で天守閣を持たない金沢城は橋爪門続櫓により政治の中枢である二の丸を見下ろすという役目があったのです。現在はエレベーターの利用で上から眺める事が可能です。

石川人気アクティビティランキング

金沢城石川門 (観光情報) (観光情報) | 石川観光 VELTRA(ベルトラ)
まさに石川県のシンボルと言える金沢城は前田家の居城として明治時代まで使用されています。平成8年より一般公開され、多くの人達に親しまれる存在とされています。年間を通じて観光客も多く、特に春先は人気が高いです。金沢城石川門へは北陸自動車道金沢西ICから30程です。北陸新幹線を利用すれば東京から2時間半程度で金沢駅に到着します。街にはシャトルバスが整備されているので、主要な観光地への移動には利用すると便利です。