見附島 (観光情報) (観光情報) | 石川観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

見附島

見附島とは、石川県珠洲市にある島になります。別名を軍艦島とも呼ばれており、その前面と対面すると、その姿はまるで巨大な船の船頭であるかの様な錯覚を覚えさせる特徴があります。能登半島国定公園の中にある島であり、アクセスとしては能登半島国定公園の方へと行く通行手順を踏まえた上で、現地へと赴く必要があります。前述にて「巨大な船と対峙している」と記載しましたが、これは見附島が四方周囲が断崖の様になっている小型島である事から、その特殊な姿の所以があります。
歴史
その歴史は空海、つまり引法大師の時代にまで遡ります。空海が佐渡島からこの地に渡ってきた際に一番最初に「見つけた島」という意味が転じて「見附島」という名前が付けられたと言い伝えられており、それが由来であると考えられています。そして近代的な別名の「軍艦島」の方というのは、前述の通りの「軍艦に見えるから」のままであり、此方の方はいつからこう呼ばれているのかは定かではない第二の別名や俗称の類になっています。

見どころ
巨大な船の様な姿である事、そして前述した四方が断崖の様になっている事、その特殊な組み合わせで起きた、海上と地表を平行線で同一とした場合ですら、島の大地へと足を踏み入れるにはちょっとした段差昇りを経る必要があります。島ではありますが、その広さは面積で0.001147km2程度のものであり、少し歩けば島内を簡単に歩き終える広さでもあります。ですが、島内には見附神社という神社があり、一種の宗教的な観光地としての役割もあるのが特徴です。

石川人気アクティビティランキング

見附島 (観光情報) (観光情報) | 石川観光 VELTRA(ベルトラ)
見附島とは、石川県珠洲市にある島になります。別名を軍艦島とも呼ばれており、その前面と対面すると、その姿はまるで巨大な船の船頭であるかの様な錯覚を覚えさせる特徴があります。能登半島国定公園の中にある島であり、アクセスとしては能登半島国定公園の方へと行く通行手順を踏まえた上で、現地へと赴く必要があります。前述にて「巨大な船と対峙している」と記載しましたが、これは見附島が四方周囲が断崖の様になっている小型島である事から、その特殊な姿の所以があります。