松井秀喜ベースボールミュージアム (観光情報) (観光情報) | 石川観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

松井秀喜ベースボールミュージアム

松井秀喜ベースボールミュージアムは、言わずと知れた名選手、松井秀喜の世界をたっぷりと味わうことができる施設です。交通アクセスですが、JR北陸本線の能見根上駅からタクシーでおよそ10分の距離ですが、その他にバスも出ており、こちらですと、およそ20分で行くことができます。また、JR北陸本線の小松駅からも行くことができますが、こちらはタクシーでおよそ12分の距離です。自動車の場合は、北陸自動車道の小松ICから車で4分ほどです。
歴史
松井秀喜ベースボールミュージアムは、松井秀喜が1993年、ジャイアンツに入団したことをきっかけとして1994年にできた「松井秀喜 野球の館」が始まりです。そして、メジャーに渡って3年目の2005年には、新本館を建設して、松井秀喜ベースボールミュージアムの名を冠しました。なお、こちらの施設には、ニューヨークヤンキースでチームメイトだった名選手のデレク・ジーターも訪れ、その来館写真展も設けられています。

見どころ
松井秀喜ベースボールミュージアムは、施設の前が広々としており、建物の造りもオシャレで雰囲気が良いのが魅力です。建物の前にはブロンズ像が立っており、早くも気分を盛り上げてくれます。もちろん、館内も見どころが多数あります。松井選手の等身大の蝋人形が迎えてくれるのを始め、そのすぐ横には、実物大の松井選手の手のブロンズ像まである気の利きようです。その他、日米通算2500本安打の記念ボールやワールドシリーズMVPトロフィーなどもあり、見ごたえ十分です。

石川人気アクティビティランキング

松井秀喜ベースボールミュージアム (観光情報) (観光情報) | 石川観光 VELTRA(ベルトラ)
松井秀喜ベースボールミュージアムは、言わずと知れた名選手、松井秀喜の世界をたっぷりと味わうことができる施設です。交通アクセスですが、JR北陸本線の能見根上駅からタクシーでおよそ10分の距離ですが、その他にバスも出ており、こちらですと、およそ20分で行くことができます。また、JR北陸本線の小松駅からも行くことができますが、こちらはタクシーでおよそ12分の距離です。自動車の場合は、北陸自動車道の小松ICから車で4分ほどです。