能登島 (観光情報) (観光情報) | 能登・能登半島観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
能登島
能登島は、石川県七尾市にある島で、七尾湾にあります。島の三方の海は七尾北湾、七尾西湾、七尾南湾と呼ばれています。人口は約3000人で、1000世帯が生活しています。能登島は半農半漁の島でしたが、能登島大橋やツインブリッジが開通し、観光客が来島するようになり、「のとじま水族館」や「ガラス美術館」などの観光施設がオープンしました。島へのアクセスは、JR和倉温泉駅からバスかタクシー利用が便利です。和倉温泉駅からは10分程度で気軽にアクセスできます。また、飛行機の場合、能登空港から車で1時間程度の場所になります。他県からの旅行の場合、例えば大阪から電車の場合は3時間半程度でアクセスできます。
歴史
能登島は縄文時代から人が住んでいたと言われています。当時から漁を中心とした生活が営まれていたようで、海上航路の拠点として重視された土地でもありました。また、ここは離島であるため、江戸時代には加賀前田藩の政治犯の流刑地であったと言われています。昭和30年2月に東島村、中之島村、西島村が合併し、旧能登島町が誕生しました。そして平成16年10月に平成の大合併により1市3町が合併し、現在の新七尾市が誕生しました。

見どころ
島にはいろいろな観光スポットがあります。石川県能登島ガラス美術館や案山子窯、道の駅のとじま交流市場、のとじま臨海公園水族館などがその一例です。のとじま臨海公園水族館では、能登半島近海に住む魚を中心に約500種の生きものを飼育しています。飼育の魚の数は4万匹程度です。ラッコのお食事やマダイの音と光の世界などのイベントも行われます。また、道の駅のとじま交流市場は、島の食材を活かした美味しい料理が食べられるスポットです。お土産も販売されています。

能登島 (観光情報) (観光情報) | 能登・能登半島観光 VELTRA(ベルトラ)
能登島は、石川県七尾市にある島で、七尾湾にあります。島の三方の海は七尾北湾、七尾西湾、七尾南湾と呼ばれています。人口は約3000人で、1000世帯が生活しています。能登島は半農半漁の島でしたが、能登島大橋やツインブリッジが開通し、観光客が来島するようになり、「のとじま水族館」や「ガラス美術館」などの観光施設がオープンしました。島へのアクセスは、JR和倉温泉駅からバスかタクシー利用が便利です。和倉温泉駅からは10分程度で気軽にアクセスできます。また、飛行機の場合、能登空港から車で1時間程度の場所になります。他県からの旅行の場合、例えば大阪から電車の場合は3時間半程度でアクセスできます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜