小笠原諸島ホエールウォッチングクルーズ1日コース<父島発>の参加体験談 | 伊豆諸島・小笠原諸島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)

小笠原諸島ホエールウォッチングクルーズ1日コース<父島発>

参加者の評価

3.00 3.00 / 5

体験談数

1
体験談を投稿する

南島は過酷

投稿者: mickey, 2020/01/19

60歳の母と参加しました。
年末年始の時期でしたが、写真のように身体を見せて跳ねるクジラは、旬以外期待しないほうがいいそうです。潮吹きのようなものを遠目で観察し、南島へ上陸。この過程がめちゃくちゃ過酷。身長の三倍はあるゴツゴツの岩へ、揺れる船から上陸し、登って上がります。岩場につけて上陸しますと言われたときは、「いやいやまさかあのゴッツゴツの岩を????まっさか〜子供もいる人おるしな〜!」と思っていたらまさかまさか。上陸後もめっちゃ登る登る。下に降りて待っていると言う選択肢もあったみたいですが、みんな登っていくので1人だけ登らないというのも置いてけぼりになってしまう。岩を登る親が心配で、気が落ち着きませんでした。年寄り連れには参加をお勧めしません。
その後のドルフィンスイムはイルカがいないと言うことで潜れずチャレンジ失敗(こればっかりは自然相手のことなので以下略)。海遊公園でシュノーケリングをして、綺麗な魚をたくさん見れました。日が陰って死ぬほど寒かったけど、久しぶりのシュノーケリングが楽しかったです。

  • 南島

催行会社からのコメント

ツアーにご参加いただきありがとうございました。南島は確かに足場も悪くハードなポイントです。もっと情報があれば良かったかもしれません。南島の上陸にはもう一ヶ所、上がりやすそうに見えるコンクリートで固められた箇所もございます。弊社は敢えてそのポイントを使わないのは理由がございます。一つは南島自体が天然記念物で本来手を加えては行けない場所に特例で開発を加えた事。もう一つは同じポイントにボートの動力を使い、船首を押し当てるためどんどん南島の隆起珊瑚が削られてしまっていること。安全性と言う建前の上に自然にダメージを与える事はベターと考えていないため、大変美しい南島ですが誰でも行ける場所とは考えておりません。より多くの方に見てもらいたいと言う気持ちと同時に自然にも配慮をと考えた結果があのようなポイントだとご理解いただけたらと思います。観光協会などのサイトやおがさわら丸船内などにも南島のハードな部分は告知できるようにはしておりますが、まだまだ情報が足りなかったようでご心配おかけいたしました。またのご利用お待ちしております。

評価:
利用形態:家族
参加日:2019/12/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

小笠原諸島ホエールウォッチングクルーズ1日コース<父島発>の参加体験談 | 伊豆諸島・小笠原諸島の観光&遊び・体験・レジャー専門 VELTRA(ベルトラ)

小笠原諸島ホエールウォッチングクルーズ1日コース<父島発>の参加体験談 | 小笠原の海にはザトウクジラ、マッコウクジラが姿を現します。クジラ達はこの小笠原の海で出産や子育ての貴重な時間を過ごしています。ザトウクジラは12月~5月初旬、マッコウクジラは通年回遊してしていますが、6月~10月頃がベストです。