みなとみらいは、横浜西区北区一体を総称して使われることが多いです。オフィスビルなどがある「中央地区」、赤レンガ倉庫、コスモワールドがある「新港地区」、 そごう、スカイビルがある「出島地区」と3つに分けられ、全体の面積は186haととても広いです。季節に応じたイベントも盛んで、3月には横浜マラソンやよこはまシティウォークが、週末になると大道芸イベントが行われ、6月には花火もあがる横浜開港祭が、12月にはランドマークでのクリスマスツリー点灯、イルミネーションもあります。
歴史
観光名所としても有名なみなとみらいは、今でも発展し続けています。みなとみらいは駅ができてから発展しはじめました。当初は埋め立て地であり、1981年には事業名が「みなとみらい」として認定されて、そこからのスタートでした。商業施設やホテル、美術館や公園が整備されて現在の姿になってきたと言われています。

見どころ
みなとみらいでは様々な体験ができ、カップル、家族連れ、様々な人に楽しめるようになっています。定番のコスモワールドの観覧車「コスモクロック21」をはじめとして、家族連れには「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」、眺望をながめることができる「横浜ランドマークタワー」のほかにアートな雰囲気を満喫できる「横浜美術館」もあります。レストランや飲食店も多く、街にアート作品があるパブリックアート、公園も多い地域なので、散策がてらのお散歩もできます。観光名所としてはもちろん、地元の人が食事を取ったり買い物をするにも便利な場所です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

神奈川(横浜・箱根)の人気アクティビティランキング

みなとみらい21 (観光情報) | 神奈川(横浜・箱根)観光| VELTRA(ベルトラ)

みなとみらいは、横浜西区北区一体を総称して使われることが多いです。オフィスビルなどがある「中央地区」、赤レンガ倉庫、コスモワールドがある「新港地区」、 そごう、スカイビルがある「出島地区」と3つに分けられ、全体の面積は186haととても広いです。季節に応じたイベントも盛んで、3月には横浜マラソンやよこはまシティウォークが、週末になると大道芸イベントが行われ、6月には花火もあがる横浜開港祭が、12月にはランドマークでのクリスマスツリー点灯、イルミネーションもあります。