小田原城は神奈川県小田原市にあった城で、現在は国の史跡に指定されています。小田原駅からは徒歩10分ほどの場所にあります。中心部には外観復興された天守があり、関東の城にしては珍しい大規模な石垣があります。天守の壁は白く、複合式の層塔型となります。石垣の他には、堀や土塁などの遺構が現存しています。小高くなった丘の上にある天守からは、小田原市内の地形を俯瞰できます。城内の各所に木々が植栽され、自然豊かな景観を保っています。
歴史
小田原城を本格的に整備したのは、戦国時代に小田原を本拠地とした後北条氏です。初代の北条早雲は戦国屈指の名将で、難攻不落の城としての基礎を作るために奔走しました。後北条氏3代の北条氏康の時代には、武田信玄や上杉謙信の軍勢に攻められますが、落城することはありませんでした。豊臣秀吉の小田原征伐で開城したのが1590年となり、後北条氏の時代も終わりました。江戸時代には規模が縮小して近代化後には廃城となりますが、近年には遺構の復興や復元事業が行われています。

見どころ
小田原城は、神奈川県内では屈指の人気を誇る桜の名所でもあります。例年では、3月下旬ごろに城内のソメイヨシノが満開となり、小田原駅前から花見客の行列が続くようになります。秋の季節には紅葉の名所として人気を集めます。城内は城址公園としても整備されていて、普段は市民の憩いの場にもなります。子供遊園地も併設されていて、休日には親子連れの家族も訪れます。小田原城は日本百名城の一つでもあるため、城内ではスタンプを押すこともできます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

神奈川(横浜・箱根)の人気アクティビティランキング

小田原城 (観光情報) | 神奈川(横浜・箱根)観光| VELTRA(ベルトラ)

小田原城は神奈川県小田原市にあった城で、現在は国の史跡に指定されています。小田原駅からは徒歩10分ほどの場所にあります。中心部には外観復興された天守があり、関東の城にしては珍しい大規模な石垣があります。天守の壁は白く、複合式の層塔型となります。石垣の他には、堀や土塁などの遺構が現存しています。小高くなった丘の上にある天守からは、小田原市内の地形を俯瞰できます。城内の各所に木々が植栽され、自然豊かな景観を保っています。