寿福寺 (観光情報) (観光情報) | 鎌倉・湘南・三浦観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
寿福寺
寿福寺は、神奈川県鎌倉市扇ヶ谷にある臨済宗建長寺派のお寺です。アクセスとしては、JR東日本及び江ノ島電鉄の鎌倉駅から徒歩10分ほどの位置にあり、訪れやすい場所と言えます。山号を亀谷山と言い、寺名は詳しくは寿福金剛禅寺とされています。本尊は釈迦如来で、臨済宗の開祖である明菴栄西によって開山されました。鎌倉三十三観音の第24番、鎌倉二十四地蔵の第18番の霊場ともされており、多くの観光客や巡礼者で賑わう寺院です。
歴史
寿福寺の歴史は古く、西暦1200年、源頼朝が没した翌年に、妻の北条政子が明庵栄西を開山に招いて創建したと言われています。創建当時は七堂伽藍が建てられ、14の塔頭を有する大寺院でしたが、二度の火災を経て南北朝時代に再建されたものとみられています。またこの寺院は、退耕行勇をはじめ、心地覚心、円爾、蘭渓道隆、大休正念など、多くの名僧がいたところとしても有名で、鎌倉の禅宗の中でも特に重要な存在の寺院となっています。

見どころ
この寿福寺の見どころとしては、歴史を感じさせる数々の建物や史跡と、周囲の自然が織りなす景色の美しさがあります。特に総門を入った先の参道は、鎌倉で最も美しい石畳とも言われており、ぜひともゆっくりと歩いて風景を堪能したいところです。またここには、北条政子と源実朝の墓と伝わる五輪塔があり、さらに、陸奥宗光、高浜虚子、大佛次郎などの墓もありますので、歴史ファンにとっても見どころ十分の観光スポットと言えるでしょう。

鎌倉・湘南・三浦人気アクティビティランキング

寿福寺 (観光情報) (観光情報) | 鎌倉・湘南・三浦観光 VELTRA(ベルトラ)
寿福寺は、神奈川県鎌倉市扇ヶ谷にある臨済宗建長寺派のお寺です。アクセスとしては、JR東日本及び江ノ島電鉄の鎌倉駅から徒歩10分ほどの位置にあり、訪れやすい場所と言えます。山号を亀谷山と言い、寺名は詳しくは寿福金剛禅寺とされています。本尊は釈迦如来で、臨済宗の開祖である明菴栄西によって開山されました。鎌倉三十三観音の第24番、鎌倉二十四地蔵の第18番の霊場ともされており、多くの観光客や巡礼者で賑わう寺院です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜