極楽寺 (観光情報) (観光情報) | 鎌倉・湘南・三浦観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
極楽寺
極楽寺は、江ノ島電鉄極楽寺駅から徒歩2分の場所にあります。山号は霊鷲山(りょうじゅさん)といいます。鎌倉では珍しく、真言律宗の寺院になっています。鎌倉七口の1つである極楽坂切通の近くにあります。拝観時間は9時から16時まで、拝観料は無料です。桜並木と百日紅の参道が美しく、参道を進んだ先に本堂、大師堂、宝物館、茶屋などが建っています。かつては49箇院を備えている大寺院でした。現在は大正時代に建てられた本堂だけが残されており、山間の静かな古刹です。
歴史
極楽寺は1259年に創建されました。当初は、鎌倉市西部の深沢にありましたが、北条重時が当時「地獄谷」と呼ばれていた現在の場所に移転させたとのことです。極楽寺の古絵図には、往復の境内には施薬院、薬湯寮、療病院などの施設があることから、医療や福祉としての役割を果たしていたことが見て取れます。戦や火災による消失と復興を繰り返し、天正19年(1591年)には徳川家康より九貫五百文の朱印地が与えられました。1927年には寺の西方にある忍性墓が国の史跡に指定され、2008年には旧境内中心部が追加指定されました。

見どころ
極楽寺は駅を降り、坂を登ったところにあります。国の史跡や重要文化財が多くあり、その他桜の名所としても知られています。4月に訪れる観光客が多く、4月7日から9日までの間は本尊開扉、4月8日の花祭りには忍性墓が特別公開となります。また、北条時宗がお手植えしたと言われる八重一重分咲桜もあります。数少ない転法輪の印を結ぶ木造釈迦如来坐像や、本尊脇侍の木造十大弟子立像は鎌倉時代に造られたとされ、重要文化財に指定されています。その他、国重文指定の密教法具類も残されています。

鎌倉・湘南・三浦人気アクティビティランキング

極楽寺 (観光情報) (観光情報) | 鎌倉・湘南・三浦観光 VELTRA(ベルトラ)
極楽寺は、江ノ島電鉄極楽寺駅から徒歩2分の場所にあります。山号は霊鷲山(りょうじゅさん)といいます。鎌倉では珍しく、真言律宗の寺院になっています。鎌倉七口の1つである極楽坂切通の近くにあります。拝観時間は9時から16時まで、拝観料は無料です。桜並木と百日紅の参道が美しく、参道を進んだ先に本堂、大師堂、宝物館、茶屋などが建っています。かつては49箇院を備えている大寺院でした。現在は大正時代に建てられた本堂だけが残されており、山間の静かな古刹です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜