本能寺 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
京都府京都市中京区にある、法華宗本門流の寺院です。信長が光秀に討たれた「本能寺の変」で有名です。本能寺は現在、寺町御池にありますが、「本能寺の変」があった当時は、西洞院四条あたりにありました。当時の本能寺は、周りに堀や土塁が築かれた城郭造りで、京都でも随一の大寺院であったそうです。本能寺の変後、直ちに同じ場所に寺を再興することが決まりましたが、豊臣秀吉の命令により、現在の場所への移転させられました。
歴史
本能寺は、当初「本応寺」という寺号で、日隆により室町時代の1415年に京都油小路高辻と五条坊門の間(現在の佛光寺辺り)に創建されました。1433年に六角大宮に移転した際に「本能寺」と改め、その後天分の乱(1536年)で全焼し1547年~1548年に四条西洞院・油小路・六角・錦小路に広大な寺域を賜り、子院30あまりを構える大伽藍に復興し、前後7回の再建で最大の規模となりました。しかし、1582年明智光秀による織田信長襲撃で全焼し、1589年豊臣秀吉によって再建された際に現在の場所に移転されました。その後も1864年蛤御門(はまぐりごもん)の変で全焼し仮本堂が建設され、1928年現本堂が建てられました。

見どころ
信長は、当時の日承上人に親しく教示を受け、その縁で上洛時には、しばしば本能寺に立ち寄ったり、宿舎として利用していました。信長関連の見所としては、本能寺の変の前夜、異変を知らせたとの伝説が残る三足の蛙を模った香炉や、信長が寄進したと伝えられる麒麟の香炉や、信長が所蔵していた天目茶碗などがあります。また境内には、信長の3男信孝の命によって建てられた信長公廟もあります。本能寺はビルが建ち並ぶ京都の中心部に塀に囲まれ、ぽっかりと異空間を形成していています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    京都を熟知したガイドと一緒に、大河ドラマ「麒麟がくる」ゆかりの地を自転車で巡りませんか?本能寺や首塚、京都御苑など明智光秀にまつわるスポットを効率よく観光しましょう。途中休憩をはさみながら、知る人ぞ知る隠れスポットにも訪問します。
    プレゼント特典

    JPY6,980

    グループ割引
    毎日
    3.5時間 (午前)

京都の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

京都 テーマから探す

本能寺 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

京都府京都市中京区にある、法華宗本門流の寺院です。信長が光秀に討たれた「本能寺の変」で有名です。本能寺は現在、寺町御池にありますが、「本能寺の変」があった当時は、西洞院四条あたりにありました。当時の本能寺は、周りに堀や土塁が築かれた城郭造りで、京都でも随一の大寺院であったそうです。本能寺の変後、直ちに同じ場所に寺を再興することが決まりましたが、豊臣秀吉の命令により、現在の場所への移転させられました。