清水寺 三重塔 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

清水寺 三重塔

4.31
清水寺で西門と同様に絢爛豪華な建築美を見せているのが三重塔です。平安時代初期847年に創建され、寛永9年(1632)に再建しました。現在の塔は古様式に則って昭和62年(1987)に解体修理したもので、総丹塗りとともに、桃山様式を示す極彩色文様を復元しました。 内部には大日如来像を祀り、四方の壁に真言八祖像、天井・柱などには密教仏画や飛天・龍らが極彩色で描かれています。三重塔としては日本最大級の高さ約31メートルの塔は、清水寺、京都東山のシンボルとして、古くから国内外に広く宣伝されてきました。
歴史
清水寺西門の東に重要文化財清水寺三重塔があり、昭和61年に修理されました。その工事報告書によると、同塔は寛永六年(1629)の火災で焼亡後、同8年3月より」再建が始められ、比較的短期日で翌9年9月本堂に先立って再建されました。修理以前の塔は二、三重の軒先垂下が顕著であったのか、縁上から支柱が立てられ、塔を遠望するときは胴廻りが太く、そのため軒の出が短かく見えて、お世辞にもスッキリした姿とは言えませんでした。今回の修理で支柱は撤去されて従来の美観となり、極彩色が復旧されて眩い程の絢爛な塔になりました。

見どころ
各層の屋根の四隅にはそれぞれ鬼瓦があり、如来・明王・天の梵字が額飾りについています。しかし、東南角だけは各層とも龍の鬼瓦です。もともと京都は火伏せの神が鎮座する愛宕山が西北を守っており、反対側の東南が弱点になるため、水の神である龍神を置いたといわれています。当時の人々がとても火災を恐れていたことがうかがえます。広大な境内で主要な堂塔を巡った後は、ぜひ、「奥の院」や「子安の塔」に足をのばし、少し離れた距離からの「清水寺の遠景」を見てみると、この三重塔が、清水寺のみならず、東山全体の景観に、実に決定的な「鮮烈の美」を添えていることがわかります。

京都人気アクティビティランキング

清水寺 三重塔の新着体験談

トロッコ列車+嵐山+清水寺+伏見稲荷大社 1日バスツアー トロッコ列車にスムーズに乗車♪ 昼食付プランあり<京都駅発>by 神姫観光 LIMON

トロッコ列車+嵐山+清水寺+伏見稲荷大社 1日バスツアー

2022/11/30 カップル・夫婦 よしな

正直、評価点よりは少し上です。
下記内容は「社員へでは無く会社への苦情」と考えていただきたいです。

このツアーは、とても楽しみにしておりましたが待ち合わせの京都駅での対応は時間が物凄く経過し不安が倍増していました。
その後、京都駅... 続きを読む

閉じる
トロッコ列車+嵐山+清水寺+伏見稲荷大社 1日バスツアー トロッコ列車にスムーズに乗車♪ 昼食付プランあり<京都駅発>by 神姫観光 LIMON

良い思い出になりました。

2022/11/28 家族 ヨシタカ

秋の紅葉、日曜日、旅行支援と人出が戻ってきた京都でのツアーはちょっと複雑な気持ちでした。
仕事をされてる方々には忙しくも嬉しいでしょうが、旅行に来てる身としては・・・
ゆっくりと観光はという感じではなかったですね。
でもそれも良い思い... 続きを読む

閉じる
トロッコ列車+嵐山+清水寺+伏見稲荷大社 1日バスツアー トロッコ列車にスムーズに乗車♪ 昼食付プランあり<京都駅発>by 神姫観光 LIMON

紅葉最終日曜日

2022/11/28 カップル・夫婦 ヒラモト

ん~紅葉の日曜に申し込み、混雑、渋滞⚡時間が予定付かないツアーでしたが添乗員がいい方で充実した1日でした。

紅葉

2022/11/28 ひとりで サリー

紅葉のピークで、渋滞がひどかったけど、添乗員さんが機転をきかせてくれ、時間を有効に使えました。
楽しい旅ができ、感謝します。

トロッコ列車+嵐山+清水寺+伏見稲荷大社 1日バスツアー トロッコ列車にスムーズに乗車♪ 昼食付プランあり<京都駅発>by 神姫観光 LIMON

紅葉真っ盛りでした。

2022/11/28 友達・同僚 ゆっきー

満席のトロッコ電車にもスムーズにのれ、
短時間で3箇所の観光が出来てお得でした。
添乗員の方もベテランばかりで、安心して観光できました。やはり混む時期は、ツアー参加が動きやすいと感じました。
ありがとうございました。

楽しかったです!

2022/11/27 家族 おほほ

安心、安全!添乗員さんも運転手の方も、とても丁寧な対応でとても充実した一日を過ごす事ができました。また、利用させていただきたいです。また、友達にも紹介したいと思います。
ありがとうございました。

清水寺 三重塔 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
清水寺で西門と同様に絢爛豪華な建築美を見せているのが三重塔です。平安時代初期847年に創建され、寛永9年(1632)に再建しました。現在の塔は古様式に則って昭和62年(1987)に解体修理したもので、総丹塗りとともに、桃山様式を示す極彩色文様を復元しました。 内部には大日如来像を祀り、四方の壁に真言八祖像、天井・柱などには密教仏画や飛天・龍らが極彩色で描かれています。三重塔としては日本最大級の高さ約31メートルの塔は、清水寺、京都東山のシンボルとして、古くから国内外に広く宣伝されてきました。