大覚寺 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
大覚寺(だいかくじ)は、京都市右京区嵯峨にある、真言宗大覚寺派大本山の寺院です。山号は嵯峨山です。本尊は不動明王を中心とする五大明王、開基は嵯峨天皇です。嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院です。また、後宇多法皇がここで院政を行うなど、日本の政治史に深い関わりをもつ寺院です。また、嵯峨天皇に始まるという華道嵯峨御流を今に伝える寺でもあります。時代劇の撮影所が多い太秦の近くということもあり、寺の境内(大沢池や明智門など)は(特に時代劇の)映画やテレビなどの撮影によく使われています。
歴史
876年(貞観18年)、嵯峨天皇の離宮嵯峨院を寺院に改め、歴代の天皇や皇族が住持された門跡寺院であり、嵯峨御所として知られています。境内に書院造の正寝殿(重文)には、後宇多天皇が院政を執った部屋があり、狩野山楽筆の襖絵や墨絵などの障壁画を多数所蔵しています。宸殿(重文)は徳川2代将軍秀忠と浅井長政の三女であるお江の間に生まれた東福門院和子が女御御殿の宸殿として使用していたもので、狩野山楽筆の牡丹図・紅白梅図(重文)などがあります。また、嵯峨天皇をはじめ後光厳・後花園・後奈良・正親町・光格の各天皇の写経が勅封心経として奉祀されており、般若心経写経の根本道場として、心経信仰が盛んに行われています。

見どころ
大覚寺には大沢池(おおさわいけ)があります。嵯峨天皇が、この大沢池の花で生け花をしたのが発祥と言われ華道嵯峨御流が生まれたそうです。さらに、この池は日本最古の人口の池といわれています。そしてこの池は「日本三大名月観賞地」としても有名で今月は中秋の名月「観月の夕べ(お月見)」という行事も行われ、この池の中を船に乗って月見が出来るよになっています。また、平安時代後期の仏師明円作の五大明王像(重文)は、現在霊宝館内に安置されています。現在本堂(五大堂)にまつられている五大明王像(金剛夜叉明王、降三世明王、不動明王、軍荼利明王、大威徳明王)は、昭和50年人間国宝松久朋琳宝琳仏師が作りました。その他にも重文として、平安~鎌倉時代製作の五大明王像をもう一組霊宝館内に所蔵しています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    観光スポットの多い京都を満喫するには「時間と便利」を最大限活用できるタクシーチャーターが最適!中でも京都初心者の方にお薦めなコースプランをご紹介します。定額で、観光みどころ説明付(英語対応も同値段、ただし車外への同伴無)なのもポイントです。
    送迎付き

    JPY41,600

    毎日

京都の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

大覚寺 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

大覚寺(だいかくじ)は、京都市右京区嵯峨にある、真言宗大覚寺派大本山の寺院です。山号は嵯峨山です。本尊は不動明王を中心とする五大明王、開基は嵯峨天皇です。嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院です。また、後宇多法皇がここで院政を行うなど、日本の政治史に深い関わりをもつ寺院です。また、嵯峨天皇に始まるという華道嵯峨御流を今に伝える寺でもあります。時代劇の撮影所が多い太秦の近くということもあり、寺の境内(大沢池や明智門など)は(特に時代劇の)映画やテレビなどの撮影によく使われています。