大法院 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
大法院
臨済宗妙心寺派大本山。妙心寺塔頭の一つで境内西に位置しています。真田幸村の兄で松代藩主であった真田信之の菩提寺として創建されました。当初は、妙心寺四派(龍泉派・東海派・霊雲派・聖澤派)のうち東海派に属しましたが、後に龍泉派となります。寺名は信之の法名「大法院殿徹岩一明大居士」に因みます。露地庭園が美しいことで有名、通常非公開ですが、春の新緑と秋の紅葉の時期のみ特別公開されます。
歴史
江戸時代、1625年、武将・真田信之の菩提寺として、信之の遺命に従い孫・長姫により創建されました。開祖は淡道宗廉(たんどう そうれん)による。当初は、妙心寺四派(龍泉派・東海派・霊雲派・聖澤派)のうち東海派に属しました。寺名は信之の法名「大法院殿徹岩一明大居士」に因みます。 以後、松代藩・真田家より、毎年50石が施入れされ、藩寺として外護された。 その後、光国院の梁南禅棟(りょうなん ぜんとう)により中興された。以後、龍泉派柏庭下となり、塔頭・成徳院も併合した。 近代、1878年、松林院(しょうりんいん)を併合する。

見どころ
仏教の清浄世界を表現した庭園は、「露地庭園」と呼ばれています。拝観料には、お抹茶とお茶菓子が含まれていて、パンフレットには禅の「且坐喫茶」(意味:まあ、座ってお茶でも召し上がれ)と書かれています。方丈の襖絵には、「叭叭鳥図」(ははちょうず)が描かれています。風情のあるモミジのお庭は、独特な空間を作り見る者の心を落ち着かせてくれます。

京都人気アクティビティランキング

大法院 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
臨済宗妙心寺派大本山。妙心寺塔頭の一つで境内西に位置しています。真田幸村の兄で松代藩主であった真田信之の菩提寺として創建されました。当初は、妙心寺四派(龍泉派・東海派・霊雲派・聖澤派)のうち東海派に属しましたが、後に龍泉派となります。寺名は信之の法名「大法院殿徹岩一明大居士」に因みます。露地庭園が美しいことで有名、通常非公開ですが、春の新緑と秋の紅葉の時期のみ特別公開されます。