宇治上神社 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

宇治上神社

宇治市、宇治川の東岸の朝日山の山裾に位置する日本最古の神社建築です。式内社で、旧社格は府社です。ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の構成資産の一つとして登録されており、すぐ近くにある宇治神社とは二社一体の存在でした。創建年代などの起源は明らかではありません。その境内は『山城国風土記』に見える菟道稚郎子の離宮「桐原日桁宮」の旧跡であると伝えられ、両社旧称の「離宮明神」もそれに因んでいます。
歴史
菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)、応神天皇、仁徳天皇を祀っています。『延喜式神名帳』には「山城国宇治郡 宇治神社二座 鍬靫」と記載があり、「二座」はそれぞれ宇治神社・宇治上神社を指すといわれています。一方、宇治上神社の本殿は本来左右2棟であるとして、「宇治神社二座」は宇治上神社のみを指すという説もあります。近くに平等院ができると、両社はその鎮守社とされました。

見どころ
日本最古の本殿は平安時代後期1060年頃、当時伐採された木材が使われ、一間社流造りの三殿からなります。左右の社殿が大きく中央の社殿が小さいのが特徴です。摂社春日神社本殿(建造物)、本殿扉絵(板絵著色) 4面(絵画)も国指定の重要文化財として一見の価値があります。拝殿は、鎌倉時代前期の建立で、当時の桧が使用され、鎌倉時代の優れた寝殿造の遺構です。本殿同様、国宝に指定されています。「桐原水」という境内の湧水は、唯一現存する「宇治七名水」の1つに数えられています。

京都人気アクティビティランキング

宇治上神社 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
宇治市、宇治川の東岸の朝日山の山裾に位置する日本最古の神社建築です。式内社で、旧社格は府社です。ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の構成資産の一つとして登録されており、すぐ近くにある宇治神社とは二社一体の存在でした。創建年代などの起源は明らかではありません。その境内は『山城国風土記』に見える菟道稚郎子の離宮「桐原日桁宮」の旧跡であると伝えられ、両社旧称の「離宮明神」もそれに因んでいます。