京都 五山送り火 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

京都 五山送り火

4.33
大文字は護摩木に自分の名前と病名を書いて割木の上に載せて焚くと、病気が治癒するという信じられており、又炭を持ち帰って粉末にし服すると、持病が治癒するともいわれています。「妙」の送り火に点火するのは涌泉寺と妙円寺の各寺の檀家の人々です。送り火が終了したあとの、午後9時頃から1時間、涌泉寺で「題目踊」「さし踊」が行われます。 「法妙」では受付していませんが、それ以外の送り火では「護摩木」の受付をしていますが、なくなり次第終了となります。
歴史
五山の送り火は、平安初期に空海が始めた説、室町中期に足利義政が始めた説、江戸初期に近衛信尹が始めた説などがありますが、確実な事は分かっていません。数百年の間、人々により受け継がれてきました。しかし、第二次世界大戦中は送り火が中止になりました。その代わり早朝に市民が山を登り、白いシャツを着て人文字で「大」の字を描き、英霊にラジオ体操を奉納しました。終戦の翌年の1946年に送り火が再開されました。

見どころ
大文字は護摩木に自分の名前と病名を書いて割木の上に載せて焚くと、病気が治癒するという信じられており、又炭を持ち帰って粉末にし服すると、持病が治癒するともいわれています。「妙」の送り火に点火するのは涌泉寺と妙円寺の各寺の檀家の人々です。送り火が終了したあとの、午後9時頃から1時間、涌泉寺で「題目踊」「さし踊」が行われます。 「法妙」では受付していませんが、それ以外の送り火では「護摩木」の受付をしていますが、なくなり次第終了となります。

京都人気アクティビティランキング

京都 五山送り火の新着体験談

オープントップバス 開放感あふれるバスで二条城や西本願寺など11名所を車窓観光<京都駅発>by 京都定期観光バス

京都 オープントップバス体験

2022/10/29 家族 はやみ

たった3人での運行でした。3人は横1列の席を指定され、移動しないように言われましたが、せめて1列でもずらしてくれたら左右の景色が見やすいのにと思いました。運行ルートは良かったです。ガイドさんのお話も楽しかったです。また天気のいい日に乗りたい... 続きを読む

閉じる
オープントップバス 開放感あふれるバスで二条城や西本願寺など11名所を車窓観光<京都駅発>by 京都定期観光バス

気軽に京都観光!

2022/10/28 友達・同僚 けいち

1時間でコンパクトに名所を見て回れます。
オープントップバスなので開放感があります!
生のガイドさんの案内は臨場感があり、とても楽しめました。京都市民ですが、あらためて京都の良さを感じる事ができました!オススメです。

オープントップバス 開放感あふれるバスで二条城や西本願寺など11名所を車窓観光<京都駅発>by 京都定期観光バス

今日のお出掛け! 京都スカイバスツアー60分コース

2022/10/21 カップル・夫婦 カメラ小僧ショウジ

今日のお出掛け!初めて京都スカイバスツアーに参加しました。
 バスの出発前は、観光気分が少しずつ高まり、わくわく感!
一度はバスに乗ってみたいと、普段から眺めてました、本日実現!
 とても綺麗なバスで、京都タワーバックに写真いっぱい撮... 続きを読む

閉じる
オープントップバス 開放感あふれるバスで二条城や西本願寺など11名所を車窓観光<京都駅発>by 京都定期観光バス

ゆったりした時間

2022/10/03 家族 ゆうたろう

東京のスカイバスに乗ったことがあったので、楽しいだろうなと想像していましたが、予想以上の楽しさでした。1日観光の最後にスカイバスに乗りました。座席に座っていれば色々な所に連れて行ってくれるので、1日の疲れを癒しつつ、ゆったりと楽しむことがで... 続きを読む

閉じる
オープントップバス 開放感あふれるバスで二条城や西本願寺など11名所を車窓観光<京都駅発>by 京都定期観光バス

暑かったけど、楽しかった(^^)

2022/10/03 小さなお子様連れ たたたたた

バスガイドさんの説明が、ピンポイントで、わかりやすかったです。
年長男の子、2年女の子。
信号に手が届きそうでした。

コースもよかったです。

オープントップバス 開放感あふれるバスで二条城や西本願寺など11名所を車窓観光<京都駅発>by 京都定期観光バス

開放感たっぷりのオープントップバス

2022/09/25 家族 ももたろう

涼しくなった秋にピッタリのオープントップバスに乗り、効率的に周りました。ガイドの説明も良かったです。楽しい思い出が出来ました。

京都 五山送り火 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
大文字は護摩木に自分の名前と病名を書いて割木の上に載せて焚くと、病気が治癒するという信じられており、又炭を持ち帰って粉末にし服すると、持病が治癒するともいわれています。「妙」の送り火に点火するのは涌泉寺と妙円寺の各寺の檀家の人々です。送り火が終了したあとの、午後9時頃から1時間、涌泉寺で「題目踊」「さし踊」が行われます。 「法妙」では受付していませんが、それ以外の送り火では「護摩木」の受付をしていますが、なくなり次第終了となります。