金戒光明寺(黒谷さん) (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
金戒光明寺(黒谷さん)
5.00
(3)
浄土宗大本山の金戒光明寺は、「黒谷さん」として親しまれているです。京都市左京区黒谷にあります。周辺には、平安神宮、銀閣寺、南禅寺があり、多くの観光客で人々が行き交っています。京都駅から市バスで岡崎道下車徒歩5分のところにあります。ここは、法然上人が、比叡山の修行を終え、この地で念仏を唱えられことから、浄土宗最初の念仏道場として開かれた場所です。また、一番目に飛び込んでくるのは、中でも巨大な山門が有名です。浄土宗の7つの大本山の一つで、山越阿弥陀図などの数多くの文化財が所蔵されているお寺です。
歴史
1400年前後に建立され、1467-77年の応仁の乱後、焼失され、その後、幕末の1860年に再建しました。当時、尊王攘夷運動が活発になる中で、会津藩主松平容保が京都市中の警護として京都守護職に任ぜられ、ここ黒谷に本陣を構えました。この金戒寺光明寺の山門からは、お天気がいい日は、大阪方面まで見渡すことができるので、当時、京都守護職だった新撰組の隊士たちもこの素晴らしい景色を見渡していたとされています。

見どころ
金戒光明寺の見どころは、浄土宗の教えがここから始まったとされる開口約15メートル、高さ約23メートルの巨大な山門はもちろんのこと、徳川秀忠公の菩薩を弔うために建立された重要文化財指定の「三重塔」や、法然上人の御影像、重要文化財である吉備観音、京都市指定文化財の中山文殊が安置されている御御堂(大殿)があります。吉備観音は、交通安全、厄除け、安産などのご利益があり、中山文殊は、古くから、日本の三大文殊の一つとして信仰を集めてきました。さらには、枯山水の紫雲の庭は、白川砂と杉苔が敷き詰められていて、圧巻の景色です。

京都人気アクティビティランキング

金戒光明寺(黒谷さん) (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
浄土宗大本山の金戒光明寺は、「黒谷さん」として親しまれているです。京都市左京区黒谷にあります。周辺には、平安神宮、銀閣寺、南禅寺があり、多くの観光客で人々が行き交っています。京都駅から市バスで岡崎道下車徒歩5分のところにあります。ここは、法然上人が、比叡山の修行を終え、この地で念仏を唱えられことから、浄土宗最初の念仏道場として開かれた場所です。また、一番目に飛び込んでくるのは、中でも巨大な山門が有名です。浄土宗の7つの大本山の一つで、山越阿弥陀図などの数多くの文化財が所蔵されているお寺です。