今宮神社 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

今宮神社

今宮神社は、京都市北区紫野にある神社で、平安期以前から疫病鎮めに疫神を祀った社があった言われています。徳川五代将軍網吉の生母 桂昌院の氏神社として、良縁開運「玉の輿」のご利益を願う人で賑い、別名「玉の輿神社」とも呼ばれています。祭礼の規模が比較的大きな神社です。京の三大奇祭の1つである4月第2日曜のやすらい祭もあります。最寄りのバス停は、今宮神社前です。京都駅からは、地下鉄烏丸線 四条駅より市バス46系統 今宮神社前で下車すぐです。
歴史
平安京が都市として栄える一方で、人々はうち続く疫病や災厄に悩まされていました。これを鎮めるため各地で盛んに御霊会が営まれ、今宮社の紫野御霊会もその1つでした。正暦5年(994年)疫神を二基の神輿に齋いこめて船岡山に安置し、悪疫退散を祈りました。これが紫野御霊会で、今宮祭の起源です。そしてこの時、京中の老若男女は挙って神輿に供をし船岡山へ登り、綾傘に風流を施し囃子に合わせて唱い踊り、病魔のよれる人形を難波江に流したといわれています。これが夜須礼(やすらい祭)です。

見どころ
やすらい祭(夜須礼祭)は日本の重要無形民俗文化財にも指定されています(重要無形民俗文化財指定名称は「やすらい花」)。京の三奇祭の一つとされており、京都の春の祭りのさきがけをなす祭でもあります。この日が好天に恵まれるとその年の京の祭はすべて晴れると言われています。「今宮祭」は平安の昔の「紫野御霊会」に始まり、以来、由緒と伝統のある「西陣の祭」として、毎年5月今日まで営まれ続けています。

京都人気アクティビティランキング

今宮神社 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
今宮神社は、京都市北区紫野にある神社で、平安期以前から疫病鎮めに疫神を祀った社があった言われています。徳川五代将軍網吉の生母 桂昌院の氏神社として、良縁開運「玉の輿」のご利益を願う人で賑い、別名「玉の輿神社」とも呼ばれています。祭礼の規模が比較的大きな神社です。京の三大奇祭の1つである4月第2日曜のやすらい祭もあります。最寄りのバス停は、今宮神社前です。京都駅からは、地下鉄烏丸線 四条駅より市バス46系統 今宮神社前で下車すぐです。