京都タワー (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
京都タワー
4.25
京都タワーは、京都の玄関口であるJR京都駅の北正面にそびえる展望塔で、京都のランドマーク的存在として親しまれています。タワーを含む塔の高さは131m、京都市内で一番高い建物です。京都タワーの展望室は地上100mにあり、京都盆地を囲む山並みや、碁盤の目になった京都市街地を一望のもとに見渡すことができます。京都タワーの下部分は京都タワーホテルになっていて、地下3階には大浴場もあります。近隣には、東本願寺、西本願寺、東寺と、京都を代表する大寺院が並んでいるので、寺院巡りの合間にもぜひお立ち寄りください。
歴史
京都タワーは京都駅の烏丸中央口前にそびえ立つ塔です。ここにはかつて京都中央郵便局がありましたが、1953年に移転が決まり、その跡地の活用が検討されていました。京都の表玄関にふさわしい、公共性に富み、京都の観光産業に寄与するものということで、京都タワーが建設されました。1963年に着工、1634年に竣工しました。鉄骨がむき出したような塔は京都にふさわしくないとして、京都の町家の瓦葺き屋根を波に見立て、白い円筒状の灯台を彷彿とさせる優雅なデザインの塔が建設されました。2014年にはちょうど50周年を迎えています。

見どころ
JR京都駅に到着したら、まず目の前にある白亜の京都タワーから京都の街を眺めてみてはいかがでしょうか?山に囲まれた京都盆地に、多くの史跡や神社仏閣などのスポットが凝縮された、京都の地形と全貌を見渡すことができます。世界遺産に登録されている神社仏閣など、多くの文化財が点在する京都の街は、静かで荘厳な雰囲気が漂っています。地下3階には大浴場があり、2012年3月に「京都タワー大浴場~YUU~」としてリニューアルオープンしました。朝7時から営業していますので、夜行バスなどで早朝に京都につく場合など時間調整もできて便利です。

京都人気アクティビティランキング

京都タワーの新着体験談

二階建てバス

2021/10/12 家族 やんず

日射しに弱いのでサングラスを持って行くべきでした(´・ω・`)
1時間という時間も丁度良くアナウンスも楽しかったです。
他のルートもあれば乗りたいぐらいです。

楽しかったそうです!

2021/07/25 家族 HARU

祖母と孫(社会人)で体験しました!
当日は貸切に近い状態でした。
18時からだったので暑さもそれほどでなく
風が気持ち良かったそうです!

私は先に帰宅した為
前日予約していましたが
夫が旅行自体を現在の状況でやむなくキャンセ... 続きを読む

閉じる

バスガイドさん最高

2021/07/18 友達・同僚 ごっくん

初めて乗って楽しかった。信号機が間近で見られたり
いつもと違う景色だったので良かった。ガイドさんの説明も分かりやすくて、歌も上手くて最高でした。あとはとても可愛いかったです。

主要観光地を車窓からながめます

2020/10/27 ひとりで dokinn

午前中のみ時間があったので、何かないかと探してたらオープントップバスで名所を巡るこちらのツアーがあったので申し込みました。
時間は1時間で車窓から名所を巡ります。私が参加した日は10人前後とちょっと少なかったかな。オープントップバスで車窓... 続きを読む

閉じる

楽しかった

2020/10/02 家族 ひかる

たっぷり1時間のドライブツアーでした。見所を効率よく車内から楽しめました。歩かないので、高齢の母と一緒に参加できました。

オープン、トップ、バス

2020/09/30 カップル・夫婦 kiriko

集合時間より少し早めに手続きに行きました。
職員の方も親切に応対していただきました。

出発時も少し雨が降りそうでしたが、ナイロンカッパの用意も準備して下さいました。当日は
使うこともなく、軽妙な説明でアット言う間に1時間程の行程が... 続きを読む

閉じる
京都タワー (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
京都タワーは、京都の玄関口であるJR京都駅の北正面にそびえる展望塔で、京都のランドマーク的存在として親しまれています。タワーを含む塔の高さは131m、京都市内で一番高い建物です。京都タワーの展望室は地上100mにあり、京都盆地を囲む山並みや、碁盤の目になった京都市街地を一望のもとに見渡すことができます。京都タワーの下部分は京都タワーホテルになっていて、地下3階には大浴場もあります。近隣には、東本願寺、西本願寺、東寺と、京都を代表する大寺院が並んでいるので、寺院巡りの合間にもぜひお立ち寄りください。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜