銀閣寺(慈照寺) (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
銀閣寺(慈照寺)
4.34
京都市左京区にある「銀閣寺」は、臨済宗相国寺派の寺院で山号は東山(とうざん)、ご本尊は釈迦如来で、「慈照寺」とも呼ばれています。1994年には「古都京都の文化財」の構成資産として世界文化遺産にも登録されました。金閣寺にならって建てたと言われていますが、銀箔を貼ってあるわけでもありません。苔むした渋い落ち着いた寺院で、金閣寺とはまた違った趣があります。銀閣寺の東求堂内の同仁斎は、現存する最古の書院造りで、室町時代後期の東山文化を代表する池泉回遊式庭園と見事に調和しています。
歴史
金閣寺は室町時代前期に3代将軍足利義満が建てた別荘を死後に寺院にしたもので、銀閣寺(慈照寺) は3代将軍義満の孫である、室町時代後期の8代将軍足義政が建てた別荘を、義政の死後に臨済宗相国寺派の禅寺へと改めたものです。1482年(延徳2年)から約8年をかけて造営され「慈照寺」と名付けられました。錦鏡池を中心に池泉回遊式庭園が広がり、当初はその周囲に12棟の建造物が点在する壮大な寺院であったとされていますが、現在は国宝の「観音殿」と「東求堂」のみが残っています。

見どころ
銀閣寺(慈照寺)は室町時代後期の東山文化を代表する建築と庭園を持つ寺院です。金閣寺の舎利殿(金閣)が文字通り金箔を貼ってあるのに対して、銀閣には銀箔は貼られていません。理由は明確ではありませんが、「銀箔を貼るつもりであったが財政難で貼れなかった」、「上層階は黒漆塗で、光が反射して銀色に見えた」、「銀箔が貼ってあったが盗まれた」「銀箔が徐々にはがれ落ちた」など言われています。銀閣寺の見どころは金閣と対照的で、銀箔こそ貼られていないものの荘厳な雰囲気が漂っています。四季折々の自然を楽しむことができる池泉回遊式庭園を散策すれば、京都ならではの風情を味わうことができます。

京都人気アクティビティランキング

銀閣寺(慈照寺)の新着体験談

満喫!

2021/10/18 小さなお子様連れ 京都大好き

限られた滞在の中で、子供と三大名所をまわれて大満足のツアーでした。バスガイドさんも優しく色々と丁寧にお話下さったりお写真を撮って下さり良い思い出が出来ました。

バスツアーが効率的!

2021/10/17 ひとりで なかやん

三代名所以外も窓から、観光スポットが沢山みれて、自分で巡るよりもとっても効率的で良かった。
日曜日でしたが、宣言解除後すぐのため
参加者も少なかったので今は狙い目です。

短い時間で楽しめました。

2021/09/09 カップル・夫婦 ロコロコ

夫婦で参加させていただきました。
私自身、中学の修学旅行以来の京都でしたが、
今回時間もなかったので、効率よく周れるこのツアーに参加させていただきました。
短い時間で、堪能できました。
金閣寺&銀閣寺ではお札をいただき、清水寺では南... 続きを読む

閉じる

短時間で効率的なツアー

2021/08/15 家族 がるーだ

今回、時間が無かったのでツアーを利用したが、コロナ対策で座席は離れて座り、車内でガイドの案内放送も前を向いたままでされていた。換気も外気流入によるものなので、問題なかった。
金閣、銀閣のお札、清水寺のお土産物屋では油取り紙をいただいた。
... 続きを読む

閉じる

催行に感謝

2021/07/24 ひとりで アクロス

参加者3名のみとのことで、バスツアーがJR利用や借上げタクシー利用へと変更になりましたが、天候にも恵まれ京都市内を車内から観光するというオマケ付き。
専属契約の添乗員さんは同行ありませんでしたけど、催行会社の係員さんが案内してくれました。... 続きを読む

閉じる

ガイドさんの話しが良かった

2021/04/17 家族 ユキコ

車中でガイドさんが京都について色々話してくれたことが面白かったです。初めて行く場所はガイドさんがいるといないのでは楽しさが違うなと思いました。

銀閣寺(慈照寺) (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
京都市左京区にある「銀閣寺」は、臨済宗相国寺派の寺院で山号は東山(とうざん)、ご本尊は釈迦如来で、「慈照寺」とも呼ばれています。1994年には「古都京都の文化財」の構成資産として世界文化遺産にも登録されました。金閣寺にならって建てたと言われていますが、銀箔を貼ってあるわけでもありません。苔むした渋い落ち着いた寺院で、金閣寺とはまた違った趣があります。銀閣寺の東求堂内の同仁斎は、現存する最古の書院造りで、室町時代後期の東山文化を代表する池泉回遊式庭園と見事に調和しています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜