哲学の道 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
「哲学の道」は、五山の送り火で知られる大文字山の麓の琵琶湖疏水沿いにある小路です。哲学者・西田幾多郎や田辺元が思索にふけりながら散策したことから「哲学の道」と名づけられました。若王子橋から銀閣寺橋へ続く約2kmの散策路は日本の道100選にも選ばれていて、京都でも人気のスポットです。疎水沿いに植えられた桜の開花期には桜のトンネルができ、梅雨の6月ごろにはホタルを見ることもあります。京都市内にありながら、静かで豊かな自然を感じることができる散策路です。
歴史
銀閣寺から続く小路には、明治のころから文人が多く住むようになり「文人の道」といわれ、その後哲学者の西田幾多郎や田辺元らがよく散策したため「哲学の小径」と呼ばれるようになりました。1972年(昭和47年)には地元住民が協議して「哲学の道」と名付けました。道の中ほどには、哲学者の西田幾多郎が詠んだ「人は人、吾はわれ也、とにかくに、吾行く道を、吾は行くなり」の石碑が建っています。哲学の道の桜は、1922年(大正11年)に、近くに住んでいた日本画家の橋本関雪と妻よねが京都市に苗木を寄贈したことから始まり、桜並木の名所として知られるようになりました。

見どころ
熊野若王子神社から大豊神社参道まで、大文字山の山裾に沿って琵琶湖疏水分線が流れていて、疎水の山側は自然の森となっています。桜並木が並ぶ「哲学の道」は、京都らしい自然の景色を楽しみながら散策することができる小路です。距離は約2km、徒歩30分~40分ぐらい、ゆっくり散策するのにちょうどいい距離です。道沿いには世界遺産の銀閣寺をはじめ、若王子神社、大豊神社、霊鑑寺、安楽寺など由緒ある寺社が点在しているので、寺社巡りも楽しめます。春は桜の名所として知られ、秋の紅葉も美しく多くの観光客でにぎわいます。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    京都を中心に日本全国に人力車を展開するえびす屋。俥夫(しゃふ)による最高のおもてなしをお楽しみください。季節ごとの見所と楽しいトークで時間の許す限りお客さまに最高の想い出を提供。これがえびす屋さんの真骨頂です。

    JPY2,000

    毎日
    (午前, 午後, 夜)

京都の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

京都 テーマから探す

哲学の道 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

「哲学の道」は、五山の送り火で知られる大文字山の麓の琵琶湖疏水沿いにある小路です。哲学者・西田幾多郎や田辺元が思索にふけりながら散策したことから「哲学の道」と名づけられました。若王子橋から銀閣寺橋へ続く約2kmの散策路は日本の道100選にも選ばれていて、京都でも人気のスポットです。疎水沿いに植えられた桜の開花期には桜のトンネルができ、梅雨の6月ごろにはホタルを見ることもあります。京都市内にありながら、静かで豊かな自然を感じることができる散策路です。