平安神宮 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
平安神宮
4.51
平安神宮は明治時代に創建された朱塗りの美しい神社で、平安遷都を行った第50代「桓武天皇」を祀る神社です。日本独自の暦である皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)には、平安京(京都)最後の天皇である第121代「孝明天皇」も祭神に加えられました。平安神宮で特に有名なのは、平安遷都の日である10月22日に毎年行われる「時代祭」です。「時代祭」は「祇園祭」「葵祭」と並ぶ京都三大祭のひとつです。また平安神宮は桜の名所としても知られ、平安神宮のしだれ桜は「京洛の春を代表するもの」と作家の谷崎潤一郎が「細雪」の中で称賛しています。
歴史
平安神宮は1895 (明治28年)に、平安遷都1100年を記念して朱塗りの社殿や応天門が創建されました。平安遷都の日である10月22日に毎年行われる「時代祭」は1000年以上日本の都であった京都の時代を遡りながら進んでいく時代行列はみごとで感動的です。明治の創建ということで歴史こそ浅いものの、「時代祭」では、明治維新から始まり、江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と時代を遡りながら、8つの時代の装束をまとった人々が、20の列となり、総勢約2000人の行列が3時間にわたり行列する光景は圧巻です。そして最後に御祭神の行幸となりクライマックスを迎えます。

見どころ
朱塗りの美しい平安神宮は、平安遷都を記念して明治に創建されたという新しい神社ですが、応天門と大極殿は、平安京大内裏朝堂院にあった原型を8分の5に縮小して復元したもので、平安京の優雅な姿を今に伝えています。また本殿の奥には約3万平方メートルにおよぶ日本庭園があり、桜や花ショウブなど四季折々の花が美しいことでも知られています。有名な「時代祭」の行列は、京都三大祭のひとつに数えられます。平安時代や江戸時代、明治時代など、各時代の装束を身に着けた人の行列は、とても見ごたえがあります。

京都人気アクティビティランキング

平安神宮の新着体験談

秋冬シーズンに参加の際はしっかり防寒をお勧めします!

2021/11/29 家族 せっちゃん

いつか乗ってみたいと思っていましたが、コロナも落ち着き、やっと実現しました。
私は母と二人で11月の紅葉がきれいな時期に利用させて頂きました。
お天気もとてもよく、青空の元の市内観光は最高でした!
ガイドさんの実況付きもとても良かった... 続きを読む

閉じる

良かったです!

2021/11/22 家族 ゲンママ

当初の予定では6時間コースだったのですが、問い合わせをしたときに食事後の出発の方が効率よく回れることを教えてくださり、1週間前に急遽4時間コースに変更してもらいました。
ピックアップ先も昼食時のお店まで来ていただき、時間通りにスムーズに出... 続きを読む

閉じる

臨機応変に

2021/11/17 ひとりで たろすけ

席は自動的に割り当てられ、席が空いていても他に移動できない。
通路側を割り当てられた場合、シートベルトを着用するので、窓側の見知らぬ人が大きいとあまり観光できない。残念。

二階建てバス

2021/10/12 家族 やんず

日射しに弱いのでサングラスを持って行くべきでした(´・ω・`)
1時間という時間も丁度良くアナウンスも楽しかったです。
他のルートもあれば乗りたいぐらいです。

楽しかったそうです!

2021/07/25 家族 HARU

祖母と孫(社会人)で体験しました!
当日は貸切に近い状態でした。
18時からだったので暑さもそれほどでなく
風が気持ち良かったそうです!

私は先に帰宅した為
前日予約していましたが
夫が旅行自体を現在の状況でやむなくキャンセ... 続きを読む

閉じる

バスガイドさん最高

2021/07/18 友達・同僚 ごっくん

初めて乗って楽しかった。信号機が間近で見られたり
いつもと違う景色だったので良かった。ガイドさんの説明も分かりやすくて、歌も上手くて最高でした。あとはとても可愛いかったです。

平安神宮 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
平安神宮は明治時代に創建された朱塗りの美しい神社で、平安遷都を行った第50代「桓武天皇」を祀る神社です。日本独自の暦である皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)には、平安京(京都)最後の天皇である第121代「孝明天皇」も祭神に加えられました。平安神宮で特に有名なのは、平安遷都の日である10月22日に毎年行われる「時代祭」です。「時代祭」は「祇園祭」「葵祭」と並ぶ京都三大祭のひとつです。また平安神宮は桜の名所としても知られ、平安神宮のしだれ桜は「京洛の春を代表するもの」と作家の谷崎潤一郎が「細雪」の中で称賛しています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜