平安神宮は明治時代に創建された朱塗りの美しい神社で、平安遷都を行った第50代「桓武天皇」を祀る神社です。日本独自の暦である皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)には、平安京(京都)最後の天皇である第121代「孝明天皇」も祭神に加えられました。平安神宮で特に有名なのは、平安遷都の日である10月22日に毎年行われる「時代祭」です。「時代祭」は「祇園祭」「葵祭」と並ぶ京都三大祭のひとつです。また平安神宮は桜の名所としても知られ、平安神宮のしだれ桜は「京洛の春を代表するもの」と作家の谷崎潤一郎が「細雪」の中で称賛しています。
歴史
平安神宮は1895 (明治28年)に、平安遷都1100年を記念して朱塗りの社殿や応天門が創建されました。平安遷都の日である10月22日に毎年行われる「時代祭」は1000年以上日本の都であった京都の時代を遡りながら進んでいく時代行列はみごとで感動的です。明治の創建ということで歴史こそ浅いものの、「時代祭」では、明治維新から始まり、江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と時代を遡りながら、8つの時代の装束をまとった人々が、20の列となり、総勢約2000人の行列が3時間にわたり行列する光景は圧巻です。そして最後に御祭神の行幸となりクライマックスを迎えます。

見どころ
朱塗りの美しい平安神宮は、平安遷都を記念して明治に創建されたという新しい神社ですが、応天門と大極殿は、平安京大内裏朝堂院にあった原型を8分の5に縮小して復元したもので、平安京の優雅な姿を今に伝えています。また本殿の奥には約3万平方メートルにおよぶ日本庭園があり、桜や花ショウブなど四季折々の花が美しいことでも知られています。有名な「時代祭」の行列は、京都三大祭のひとつに数えられます。平安時代や江戸時代、明治時代など、各時代の装束を身に着けた人の行列は、とても見ごたえがあります。
6アクティビティ
1/1ページ
  1. 京都市内を2階建てオープントップバスでぐるっと一周するプラン。京都タワーや知恩院、平安神宮大鳥居など京の11名所を車窓からご覧いただきます。ガイドさんの楽しい案内を聞きながら、実際に巡る観光コースを決めてみてはいかがでしょうか?
    プレゼント特典

    JPY1,800

    10%
    OFF
    毎日
    1.5 ~ 2時間 (午後, 夜)
  2. 開放感たっぷりのオープントップバスで平安神宮大鳥居や二条城などの名所をめぐり、世界遺産「金閣寺」「清水寺」では下車観光もお楽しみいただける大変お得なコースです。見所はアテンダントが楽しくご案内!
    プレゼント特典

    JPY3,640

    9%
    OFF
    毎日
    4.5時間 (午前, 午後)
  3. 観光スポットの多い京都を満喫するには「時間と便利」を最大限活用できるタクシーチャーターが最適!中でも京都初心者の方にお薦めなコースプランをご紹介します。定額で、観光みどころ説明付(英語対応も同値段、ただし車外への同伴無)なのもポイントです。
    送迎付き

    JPY16,480

    毎日
  4. 観光スポットの多い京都を満喫するには「時間と便利」を最大限活用できるタクシーチャーターが最適!中でも京都初心者の方にお薦めなコースプランをご紹介します。定額で、観光みどころ説明付(英語対応も同値段、ただし車外への同伴無)なのもポイントです。
    送迎付き

    JPY32,960

    毎日
  5. 観光客に人気の京都名所を自転車でまわるサイクリングツアー。河原町より出発し、京都御苑、銀閣寺、南禅寺、平安神宮をまわるルートです。自転車なので交通渋滞もなく、半日で効率良く観光が楽しめますよ。

    JPY11,200

    毎日
    4時間 (午前, 午後)
  6. 京の夏の夜、心地良い風を感じながら夕涼みドライブにでかけませんか?開放感抜群のパノラマビューが楽しめる2階建てオープントップバス車窓から、京都タワーや二条城、平安神宮大鳥居など、夕景に染まる古都の名所をご覧いただきます。
    プレゼント特典

    JPY1,800

    毎日
    (夜)

エリアからツアーを探す

平安神宮 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

平安神宮は明治時代に創建された朱塗りの美しい神社で、平安遷都を行った第50代「桓武天皇」を祀る神社です。日本独自の暦である皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)には、平安京(京都)最後の天皇である第121代「孝明天皇」も祭神に加えられました。平安神宮で特に有名なのは、平安遷都の日である10月22日に毎年行われる「時代祭」です。「時代祭」は「祇園祭」「葵祭」と並ぶ京都三大祭のひとつです。また平安神宮は桜の名所としても知られ、平安神宮のしだれ桜は「京洛の春を代表するもの」と作家の谷崎潤一郎が「細雪」の中で称賛しています。