雲龍院 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
御寺泉涌寺の別院である「雲龍院」は、1372(応安5)年、後光厳天皇によって建立されました。美しい庭は、春は桜、秋は紅葉で彩られ、夜間ライトアップや特別拝観も開催されます。アクセスは京阪本線東福寺駅下車、徒歩10分です。
歴史
南北朝時代1372年の北朝第4代天皇、後光厳天皇によって作られたお寺です。真言宗泉涌寺派の別格本山とされています。昭和41年(1966年)に国の重要文化財として指定されました。御本尊は本堂龍華殿に安置されている薬師三尊像で、西国薬師霊場四十番札所です。後光厳天皇の皇子の後円融院は、ここに如法写経の儀を興そうと龍華院をご建立されたこともあり、その頃から写経の歴史が続いています。現在も写経の道場として有名で、毎月27日に写経会が催されています。

見どころ
正確な真円を描いてる「悟りの窓」は禅における悟りの境地を表しており春には紅梅やハナカイドウを望むことができます。四角い窓は「迷いの窓」で人生における苦しみを象徴し「生老病死四苦八苦」を表しているといわれています。5月の初め連休の頃には大きなピンク色のシャクナゲを眺めることが出来ます。また、「走り大黒」と呼ばれる真っ黒な色をした鎌倉時代の大黒天像は、左足を一歩踏み出したユーモラスな姿が有名です。
2アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    秋の夜をお楽しみいただく特別拝観コース。皇室ゆかりの泉涌寺別院である雲龍院では、静かな佇まいの中ライトアップされた庭園をゆっくりとご鑑賞いただきます。東寺では美しくライトアップされた五重塔や紅葉、金堂・講堂の内部拝観をお楽しみください。

    JPY4,600

    毎日
    3時間 (夜)
  2. No.2
    御寺とも呼ばれる泉涌寺の夜間特別拝観を楽しめる限定コースです。別院の雲龍院での「お月見の会」ではライトアップされた庭園と月を愛でながらのご夕食、悟りの間でのお抹茶賞味、朱墨での「ひと文字写経」奉納、そして篠笛のミニコンサートなど内容盛りだくさん!
    食事付き

    JPY10,900

    木, 金, 土
    4.5時間 (夜)

京都の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

京都 テーマから探す

雲龍院 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

御寺泉涌寺の別院である「雲龍院」は、1372(応安5)年、後光厳天皇によって建立されました。美しい庭は、春は桜、秋は紅葉で彩られ、夜間ライトアップや特別拝観も開催されます。アクセスは京阪本線東福寺駅下車、徒歩10分です。