三十三間堂・二条城・本願寺ツアー (京都観光バスツアー) | 京都の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
その他のカテゴリー
京都観光バスツアー

三十三間堂・二条城・本願寺ツアー

4.42
三十三間堂、二条城、本願寺方面の観光におすすめのツアーをご紹介します。三十三間堂(蓮華王院)は、後白河上皇が平安後期に建てた仏堂です。国宝にも指定された前後10列に並ぶ1001体の観音像は圧巻の光景です。二条城(元離宮二条城)は、江戸時代に徳川家康が築城し、二の丸御殿の大広間で「大政奉還」の意思を表明したことでも有名なお城です。重要文化財や国宝に指定されている建造物も多く世界遺産にも登録されています。桜の名所としても人気があり、近年では夜間のライトアップやプロジェクションマッピングなどが行われています。本願寺(西本願寺)は、浄土真宗本願寺派の本山で、親しみを込めてお西さんとも呼ばれているお寺です。国宝や重要文化財に指定されている唐門の豪華な彫刻や、行事が執り行なわれる御影堂内部など見どころもたっぷり。境内にあるイチョウの木は天然記念物にも指定され、本願寺で火災があった際にイチョウが消し止めたという伝説を持っています。観光スポットが広範囲に散らばっている京都では移動手段がカギとなります。効率よくまわれるよう観光ツアーやバスツアーへの参加してみてはいかがでしょうか。ご予約はこちらから!

京都人気アクティビティランキング

三十三間堂・二条城・本願寺ツアーの新着体験談

嵐山散策+清水寺+三十三間堂 バスツアー 京都人気名所めぐり <京都駅発/1日>by 京都定期観光バス

はじめての旅行!

2022/07/14 カップル・夫婦 ねずみ

初心者に嬉しいコースで、そのおかげでルートを覚える事ができました!違うバスツアーも今後予約したいと思います♪

嵐山散策+清水寺+三十三間堂 バスツアー 京都人気名所めぐり <京都駅発/1日>by 京都定期観光バス

1日でこれほど廻るのは難しい。

2022/06/19 カップル・夫婦 カンジュンサン

中学の修学旅行以来。
テレビでしか嵐山はみたことが無かったので楽しめたこと竹林も素敵だった。
ただ集合場所の駐車場の説明が分かりづらかったのが残念。

嵐山散策+清水寺+三十三間堂 バスツアー 京都人気名所めぐり <京都駅発/1日>by 京都定期観光バス

良い思い出になった!

2022/05/28 カップル・夫婦 hachan

行く先々、どの場所も充実した時間を過ごせました。観光時間もちょうど良かったです。バス移動の際もガイドさんが名所などを丁寧に説明してくださり、京都を満喫することができて大変満足しております。また旅行の際はベルトラさんにお世話になろうと思います... 続きを読む

閉じる
嵐山散策+清水寺+三十三間堂 バスツアー 京都人気名所めぐり <京都駅発/1日>by 京都定期観光バス

しっとり嵯峨野散策

2022/05/16 友達・同僚 HappyLife❤

バスガイドさんの解説も車中で心地良かったです♪

嵯峨野散策ランチ休憩の湯豆腐美味しかったです。
小洒落た店とおかみさんでした。


注:)最近は高齢者の1人参加も目につきます。
マナーの悪い方も居ますのでお気をつけください。

嵐山散策+清水寺+三十三間堂 バスツアー 京都人気名所めぐり <京都駅発/1日>by 京都定期観光バス

焦らしてくる…

2022/05/15 ひとりで あっぷるん。

色々調べ ツアーがあることを知り ネットで購入。
ツアーは京都に行って二日目にしていたので
一日目にバスが来る所を見ておきました。

当日 15名程のお客様がいて バスに乗るときに検温をしてくれてました。

コースは 清水寺 蓮... 続きを読む

閉じる
嵐山散策+清水寺+東寺+三十三間堂 バスツアー 山と川に囲まれた景勝地嵐山散策と寺社巡りを満喫 <京都駅発/1日>by 京都定期観光バス

母との京都散策

2022/01/09 家族 nori

まさかの2人で貸切でした。高齢の母と一緒だったので軽い散策しかしなかったのですが、階段や坂があるしかなり歩きます。予定よりもツアーが早く終わったので、他の場所も観光に行かれました。ガイドさんも運転手さんも親切で、参加して良かったです。ありが... 続きを読む

閉じる

三十三間堂とは

概要
京都「三十三間堂」は、ほの暗い本堂内に整然と並んだ1,000体の千手観音像が黄金色に輝き、その幻想的な雰囲気が大人気のお寺。正式名は、蓮華王院で、その本堂が「三十三間堂」と通称されます。これは、南北にのびるお堂内陣の柱間が33もあるという建築的な特徴によります。本堂や千手観音坐像、千体千手観音立像などの国宝を多く有するお寺でもあり、見どころ満載!
●アクセス:京都駅からバスで約10分、下車してすぐの距離/京阪七条駅からは徒歩で約7分の場所
●受付時間:08:00~17:00(11/16~3/31は09:00~16:00、いずれも受付終了は30分前)
●拝観料:大人600円、中高生400円、小学生300円
歴史
三十三間堂は蓮華王院の本堂として、1164年に平清盛の寄進により、後白河上皇の法住寺殿内に離宮として建てられました。創建当時の外装は朱塗り、建物の内部は花や雲文様などが極彩色で彩られ、豪奢な作りだったと伝えられています。創建から80年後に焼失してしまいましたが、後嵯峨上皇によって1266年に再建されたものが現在まで残っています。室町時代に入ってから足利義教により本格的な修復が行われ、全てが完成するまでには5年もの年月を費やしたといわれています。
周辺の観光スポット
三十三間堂のある東山七条付近は、観光スポットが盛りだくさん。このエリアは後白河法皇の法住寺殿(院御所)があった土地で、法住寺、新日吉神宮、妙法院など、法住寺殿にまつわる寺社が点在しています。
●清水寺
「清水の舞台」で知られる本堂舞台が有名な寺院。古都京都の文化遺産である清水寺は、四季折々の風景が美しく、京都でも有数の有名観光スポットです。
●豊国神社
戦国武将として良く知られている「豊臣秀吉」を祀っている神社が京都の「豊国神社」。秀吉ならではのお守りや御朱印もあり、人気があります。
●方広寺
豊臣家滅亡の原因となった日本三大梵鐘の一つ「国家安康の鐘」で知られるお寺。天台宗の寺院である方広寺は、豊臣秀吉が東大寺に倣って大仏を安置するために10年もの歳月をかけて造られました。
●智積院
智積院は真言宗智山派の総本山。「利休好みの庭」と伝えられる名勝庭園や、国宝指定されている長谷川等伯の障壁画が見どころ。

二条城とは

概要
二条城は1603年(慶長8年)、江戸幕府初代将軍徳川家康が、天皇の住む京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所とするため築城したものです。二の丸御殿、二の丸庭園、唐門など、約400年の時を経た今も桃山文化の面影を見ることができます。
●アクセス:京都市バス「二条城前」下車すぐ/地下鉄東西線「二条城前」下車すぐ
●受付時間:08:45~16:00(季節により変動があります)
●入城料:大人1030円、中高校生350円、小学生200円
歴史
二条城は徳川家康が上洛した際の滞在所にするため、あるいは京都御所を守護する目的として、1603年に建造されました。明治維新を迎えると、京都御所にあった桂宮御殿が本丸に移築され、皇室が過ごす「二条離宮」となります。現在では「元離宮二条城」と呼ばれ、ユネスコの世界遺産にも登録されるほど海外でも人気の観光スポットです。
見どころ
●本丸御殿
本丸は城の中心部にあり、内堀で守られた区域。本丸内には天守台があり、ここに登れば城内だけでなくその後方に比叡山や大文字山などの眺望が得られます。
●二の丸御殿
東南から北西にかけて、遠侍、式台、大広間、蘇鉄の間、黒書院、白書院の6棟が雁行形に立ち並ぶ御殿です。日本絵画史上最大派閥である狩野派による障壁画や、多彩な欄間彫刻や飾金具によって装飾されており、将軍の御殿にふさわしくまさに豪華絢爛!
●二の丸庭園
池の中央に蓬莱島、左右に鶴亀の島を配した書院造の庭園。御殿のどこから見ても美しいように配置された庭園です。
●唐門
二の丸御殿の正門にあたる門です。門には長寿を意味する「松竹梅に鶴」や、聖域を守護する「唐獅子」など美しい彫刻が施されています。

本願寺とは

概要
「お西さん」の愛称で親しまれる西本願寺は、日本最大級の木造建築と言われている国宝の阿弥陀堂や御影堂が有名。中でも本堂・阿弥陀堂は一度に800人以上が参拝できるほどの広さを誇っています。桃山文化の建造物や庭園の豪華絢爛さも必見。御影堂ではほぼ毎日お西さんのお坊さんによる法話を聞くことができます。本願寺を訪れた機会にほとけさまのお話を聞き、心豊かな気持ちになるのも素敵ですね。また8月の盂蘭盆会(通称:お盆)の時期に法要に参拝される方も多いです。
●アクセス:京都駅から徒歩で約15分の距離/京都市バス「西本願寺前」下車すぐ
●公開時間:05:30~17:00
●拝観料:境内参拝自由
歴史
西本願寺は、浄土真宗本願寺派の本山。1272年に京都の東山に建てられた浄土真宗の開祖・親鸞聖人の廟堂が始まりです。親鸞は鎌倉時代前半から中期にかけての日本の仏教家で、その人生において念仏の教えを説き、浄土真宗を布教した人物として知られています。なお宗祖である親鸞の遺骨は、現在大谷本廟に祀られています。
トピック
●西本願寺と東本願寺の違いとは
京都観光で人気の観光スポットである本願寺ですが、その本願寺には「西本願寺」と「東本願寺」があるのはご存じでしょうか。同じ浄土真宗なのにどこが違うの?となるかもしれませんが、簡単に言うと東本願寺は西本願寺から分裂して新たに誕生した寺院になります。
●本願寺分裂の歴史
本願寺が分裂した理由、それは跡継ぎをめぐるお家騒動によるものです。時は文禄元年、当時の龍谷山本願寺(後の西本願寺)の11代目住職である顕如の亡き後、跡継ぎ問題が勃発。時の将軍豊臣秀吉迄もを巻き込んだ大騒動に発展します。豊臣秀吉の支持を得て、二男の准如が12代目を継ぐこととなった本願寺ですが、秀吉の没後、長男の教如が徳川家康の支援でもう一つの本願寺を開きました。これが本願寺の東西分立になります。
●東本願寺の見どころ
東本願寺もまた、国宝として指定されている教行信証を始めとした重要文化財、登録有形文化財の宝庫となっています。せっかく京都を訪れたなら、東西両方の本願寺にお参りしてみては?
三十三間堂・二条城・本願寺ツアー (京都観光バスツアー) | 京都の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
三十三間堂、二条城、本願寺方面の観光におすすめのツアーをご紹介します。三十三間堂(蓮華王院)は、後白河上皇が平安後期に建てた仏堂です。国宝にも指定された前後10列に並ぶ1001体の観音像は圧巻の光景です。二条城(元離宮二条城)は、江戸時代に徳川家康が築城し、二の丸御殿の大広間で「大政奉還」の意思を表明したことでも有名なお城です。重要文化財や国宝に指定されている建造物も多く世界遺産にも登録されています。桜の名所としても人気があり、近年では夜間のライトアップやプロジェクションマッピングなどが行われています。本願寺(西本願寺)は、浄土真宗本願寺派の本山で、親しみを込めてお西さんとも呼ばれているお寺です。国宝や重要文化財に指定されている唐門の豪華な彫刻や、行事が執り行なわれる御影堂内部など見どころもたっぷり。境内にあるイチョウの木は天然記念物にも指定され、本願寺で火災があった際にイチョウが消し止めたという伝説を持っています。観光スポットが広範囲に散らばっている京都では移動手段がカギとなります。効率よくまわれるよう観光ツアーやバスツアーへの参加してみてはいかがでしょうか。ご予約はこちらから!