伊勢志摩スカイライン (観光情報) (観光情報) | 伊勢・三重観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
伊勢志摩スカイライン
5.00
(2)
延長16.3km、幅員6.5mの有料道路。内宮方面から五十鈴川を渡り、信号の先、志摩方面との分岐を左折すると、伊勢志摩スカイラインのゲートが見えてきます。料金所を通過すると、陸上競技場のトラックが、神宮の森・五十鈴川を背景に現れます。鹿が原、一宇田展望台の休息スポットを経て、山頂最大の絶景ポイント勘吉台、金剛證寺・奥の院、そして山頂展望台、足湯へとたどり着きます。クロソイド曲線を利用し、鳥羽湾などのリアス式海岸が見通せるよう、緻密に設計されています。
歴史
伊勢志摩スカイラインは1962年(昭和37年)12月に着工、1964年(昭和39年)9月に三重交通子会社の三重県観光開発(株)により造られました。1950年(昭和25年)6月に厚生省が告示した「伊勢志摩国立公園計画」の中に、「宇治山田市から朝熊山を経由し志摩郡鳥羽町に至る道路計画」が示されており、それが実現したものです。かつて定期バスが運行されていましたが、その後廃止され、年末年始等イベント時には、三交バスが臨時運行されています。

見どころ
伊勢と鳥羽を結ぶ「天空のスカイライン」と呼ばれる道中は、山・海と贅沢な自然の景観に囲まれています。雄大な山々、流れる風は、私たちの魂を癒してくれます。沿線には絶景ポイントや見どころも多いです。散策をしながら季節を感じることができます。朝熊山には貴重な蝶やトンボ、珍しい鳥なども多く見られます。伊勢平野、伊勢湾、太平洋、鳥羽湾・・・これらの景観を時系列で変化させることができるのは、伊勢志摩スカイラインの魔法です。

伊勢・三重人気アクティビティランキング

伊勢志摩スカイラインの新着体験談

電車だと行きづらい、気になってた場所ばかり!

2020/12/27 ひとりで dmnd

朝熊山展望台、志摩地中海村や横山展望台は前々から気になってましたが足が無く、、、

今回のツアーは行きたいところを効率良く巡れるのでかなり最適でした!ガイドさんのお話も、普通に辿っただけだと気付かないようなお話が多く、とても参考になりま... 続きを読む

閉じる

行きたかった地中海村

2020/12/14 ひとりで ジャイ子

泊まるほどではないけど行ってみたかった地中海村、絶景の展望台、ご飯の後にちょっと山を登って志摩を見渡す気色。
移動が長めだけどスポットが点在してるから仕方ないですよね、バスの中も楽しかったです。
乗車する度にアルコール消毒もあり安心でき... 続きを読む

閉じる
伊勢志摩スカイライン (観光情報) (観光情報) | 伊勢・三重観光 VELTRA(ベルトラ)
延長16.3km、幅員6.5mの有料道路。内宮方面から五十鈴川を渡り、信号の先、志摩方面との分岐を左折すると、伊勢志摩スカイラインのゲートが見えてきます。料金所を通過すると、陸上競技場のトラックが、神宮の森・五十鈴川を背景に現れます。鹿が原、一宇田展望台の休息スポットを経て、山頂最大の絶景ポイント勘吉台、金剛證寺・奥の院、そして山頂展望台、足湯へとたどり着きます。クロソイド曲線を利用し、鳥羽湾などのリアス式海岸が見通せるよう、緻密に設計されています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜