伊勢志摩スカイライン展望台 (観光情報) (観光情報) | 伊勢・三重観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
伊勢志摩スカイライン展望台
伊勢志摩スカイラインの道のりの中で、誰もが目的とする展望台。随一の展望スポットです。朝景・昼景・夜景と全ての時間帯に、それぞれの絶景を楽しむことができます。南峰の東にある標高506mのピークにあり、神島・答志島などの鳥羽市の離島のほか、伊勢湾対岸に渥美半島を望むことができます。その景色の中には、三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台にもなった「神島」も存在します。自然の香りと文化の香りを、心ゆくまで眺めることができます。
歴史
朝熊山は伊勢志摩を代表する霊山であり、また「山アテ」の山として志摩の青峰山と結び昔は船の航行に利用してされてきました。山頂展望台のレストハウスではかつてレストランが通年営業されていたましたが、その後通年営業は売店と自動販売機のみとなっています。 北峰に三角点がなかったため、ケーブルカーの駅の跡付近の一等三角点の標高の478mを誤って記載する地図が、昭和時代の頃にはまだ数多く存在したといわれています。

見どころ
山頂の15万㎡の広大な苑地には、朝熊七草や神宮つつじなどの季節の草花が元気いっぱい広がっています。ゆったりした気分で展望足湯に浸かりながら、山と海の絶景を眺めていると、日常の瑣末なことを忘れられます。寝っころがったりして、くつろぎながら眺望が楽しめる850平方mの芝生広場など、たくさんの自然を楽しめる工夫がされています。山頂には売店もあり、ご当地ならではのわくわくするようなお土産がいくつも並んでいます。

伊勢・三重人気アクティビティランキング

伊勢志摩スカイライン展望台 (観光情報) (観光情報) | 伊勢・三重観光 VELTRA(ベルトラ)
伊勢志摩スカイラインの道のりの中で、誰もが目的とする展望台。随一の展望スポットです。朝景・昼景・夜景と全ての時間帯に、それぞれの絶景を楽しむことができます。南峰の東にある標高506mのピークにあり、神島・答志島などの鳥羽市の離島のほか、伊勢湾対岸に渥美半島を望むことができます。その景色の中には、三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台にもなった「神島」も存在します。自然の香りと文化の香りを、心ゆくまで眺めることができます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜