宮城蔵王 (観光情報) (観光情報) | 宮城観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
宮城蔵王
宮城県と山形県の県境に位置する蔵王連峰は火山の噴火によってできた湖のお釜で有名です。蔵王エコーライン、蔵王ハイラインを通って山頂付近まで車で行ける刈田岳山頂から天候や季節によって様々な表情を見せるお釜を見ることができます。宮城蔵王へは電車なら東北新幹線の白石蔵王駅からバスで1時間半ほどで行けますが本数は少ないので注意してください。車でしたら東北自動車道の白石ICもしくは村田ICから40分程です。
歴史
蔵王の火山活動は約100万年前から始まったという説があります。1182年の噴火でお釜が誕生し、1820年以降に水が溜まり始めたといわれています。お釜の円周は1キロ、直径330メートルで、その水は常に淡い緑色に濁っており、水質が酸性であることから生物は存在しません。1918年に噴気が発生した以降、噴火は起きていませんが、今でも湖底から火山ガスの噴出は続いています。お釜付近は頻繁に霧が発生し、刈田岳山頂からすぐ下にあるお釜を見れないこともよくあります。

見どころ
蔵王の見どころは何といっても刈田岳山頂から見るお釜と、蔵王山麓の自然です。春には蔵王エコーラインの雪の壁、夏は新緑の中でのトレッキング、秋には紅葉した木々の中を流れ落ちる滝が絶景です。そして冬には雪に覆われた刈田嶺神社の鳥居や樹氷を楽しむことができます。

宮城人気アクティビティランキング

宮城蔵王 (観光情報) (観光情報) | 宮城観光 VELTRA(ベルトラ)
宮城県と山形県の県境に位置する蔵王連峰は火山の噴火によってできた湖のお釜で有名です。蔵王エコーライン、蔵王ハイラインを通って山頂付近まで車で行ける刈田岳山頂から天候や季節によって様々な表情を見せるお釜を見ることができます。宮城蔵王へは電車なら東北新幹線の白石蔵王駅からバスで1時間半ほどで行けますが本数は少ないので注意してください。車でしたら東北自動車道の白石ICもしくは村田ICから40分程です。