諏訪大社上社前宮 (観光情報) (観光情報) | 長野観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
諏訪大社上社前宮
諏訪大社上社前宮は、諏訪湖畔にある4つの大社のなかのひとつで、4社をまとめて信濃国一宮として、古くからこの地域で信仰の中心となっていたところです。御柱とよばれるモミの大木を山から曳き出す勇壮な御柱祭の神事をもって知られています。近くにはバス路線はありませんが、JR諏訪駅からタクシーで、または中央自動車諏訪ICからマイカーで5分ほど走ると到着します。大鳥居や社務所前などに参拝者用の無料駐車場があります。
歴史
諏訪大社上社前宮は、軍神である建御名方神とその后神を祀る神社であり、その創建は古く、すでに『日本書紀』の持統天皇5年(691年)のくだりには、朝廷からの使者が遣わされた旨の記載があります。また、平安時代の『延喜式』にも名を残す式内社でもあります。中世には大祝が祭祀の実権を握り戦国大名化していましたが、諏訪頼重のときに武田信玄に滅ぼされ、やがて再興されました。かつての大祝の居館はこの上社前宮の敷地内にあったとされています。

見どころ
諏訪大社上社前宮には本殿がなく、拝殿は神体山である守屋山を遥拝する形式となっており、現在の神社とは異なる古代の信仰のあり方を伝えています。拝殿の周囲には4本の御柱が立てられているほか、御柱祭のときに動物を神に捧げる儀式などを行う十間廊という建物があるのが注目されます。また、社務所から拝殿までの道すがらには、かつて諏訪大社の最高の神職の大祝として君臨した諏訪照雲の供養塔がひっそりとたたずんでいます。

長野人気アクティビティランキング

諏訪大社上社前宮 (観光情報) (観光情報) | 長野観光 VELTRA(ベルトラ)
諏訪大社上社前宮は、諏訪湖畔にある4つの大社のなかのひとつで、4社をまとめて信濃国一宮として、古くからこの地域で信仰の中心となっていたところです。御柱とよばれるモミの大木を山から曳き出す勇壮な御柱祭の神事をもって知られています。近くにはバス路線はありませんが、JR諏訪駅からタクシーで、または中央自動車諏訪ICからマイカーで5分ほど走ると到着します。大鳥居や社務所前などに参拝者用の無料駐車場があります。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜