聖パウロカトリック教会 (観光情報) (観光情報) | 長野観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

聖パウロカトリック教会

4.50
(2)
聖パウロカトリック教会は長野県の北佐久郡軽井沢にある教会です。軽井沢を代表する歴史的な建造物の一つです。管轄しているカトリック横浜司教区での呼称は軽井沢カトリック教会と呼ばれています。傾斜のある三角屋根が特徴的な教会です。他にも大きな尖塔や打ちっぱなしのコンクリートなども他の教会と比べると変わっていて特徴的な部分です。内部は木がむき出しのエックス型のトラス構造となっていて神秘的な雰囲気を醸しだしています。
歴史
1935年にイギリス人のワード神父によって設立されました。米国建築学会賞を受賞したアントニン・レーモンドが設計を担当しました。堀辰雄の小説である、木の十字架に登場した教会でこの教会で結婚すると多くの人たちから祝福されるとの言葉を残しています。そのためにここで結婚式をあげるカップルも多く、芸能人なども挙式をあげたことのある教会です。堀辰雄の小説、風立ちぬにも登場しています。北陸新幹線開業に伴ってますます賑わっている観光地です。

見どころ
聖パウロカトリック教会は1961年から現在に至るまで半世紀にわたってカルロス・マルチネス神父が主司祭を務めている教会です。旧軽井沢の銀座通りからチャーチストリートを抜けた正面にある教会で、四季折々の自然と一緒に美しい教会の建物をみることができます。軽井沢は人気の観光スポットなので多くの観光客で賑わっています。そんな賑やかな観光地の中でものんびりとして空気を味わうことができる教会です。料金も無料で見ることができます。

長野人気アクティビティランキング

聖パウロカトリック教会 (観光情報) (観光情報) | 長野観光 VELTRA(ベルトラ)
聖パウロカトリック教会は長野県の北佐久郡軽井沢にある教会です。軽井沢を代表する歴史的な建造物の一つです。管轄しているカトリック横浜司教区での呼称は軽井沢カトリック教会と呼ばれています。傾斜のある三角屋根が特徴的な教会です。他にも大きな尖塔や打ちっぱなしのコンクリートなども他の教会と比べると変わっていて特徴的な部分です。内部は木がむき出しのエックス型のトラス構造となっていて神秘的な雰囲気を醸しだしています。