焼岳 (観光情報) (観光情報) | 長野観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
焼岳
焼岳は飛騨山脈にある標高2455mの活火山になり、長野と岐阜の県境にあります。別名硫黄岳とも呼ばれ、山腹から噴き出す噴煙が見られ、周囲にはこの火山活動の恩恵を受けた、源泉かけ流しの温泉が楽しめる施設などが数多くあります。焼岳は日本百名山に選ばれている山であり、北アルプスの山々の中では比較的登りやすく、日帰り登山に適しています。焼岳登山には五つのルートが存在し、最短で登れる新中ノ湯ルート、バス停から近い中ノ湯ルート、中尾高原ルート、上高地ルートがあります。
歴史
焼岳の初登頂は1875年(明治8年)にイギリス人の技師のマーシャルによって行われました。1902年(明治35年)には南峰に二等三角点が設置され、以来多くの人が登山をしています。1915年(大正4年)に起こった噴火では、土石流が梓川の流れをせき止めてしまい、その結果大正池が出現しました。大正池から望む焼岳は撮影スポットとしても最適で、水没して枯れてしまった木々と晴れた日には湖面に映る山などが撮影できます。

見どころ
どの登山ルートも比較的登りやすいのですが、上高地から山頂を目指すコースではおよそ10mの梯子を登る必要があります。山頂からは槍ヶ岳や笠ヶ岳、乗鞍岳などの山並みが広がり、360°の美しいアルプスの山々を眺めることができます。山頂付近の火口部には、エメラルドグリーンの正賀池というカルデラ湖があり、その近くには1911年(明治44年)の噴火でできたインキョ穴と呼ばれる火口があり、さまざまな山の景色を堪能できます。

長野人気アクティビティランキング

焼岳 (観光情報) (観光情報) | 長野観光 VELTRA(ベルトラ)
焼岳は飛騨山脈にある標高2455mの活火山になり、長野と岐阜の県境にあります。別名硫黄岳とも呼ばれ、山腹から噴き出す噴煙が見られ、周囲にはこの火山活動の恩恵を受けた、源泉かけ流しの温泉が楽しめる施設などが数多くあります。焼岳は日本百名山に選ばれている山であり、北アルプスの山々の中では比較的登りやすく、日帰り登山に適しています。焼岳登山には五つのルートが存在し、最短で登れる新中ノ湯ルート、バス停から近い中ノ湯ルート、中尾高原ルート、上高地ルートがあります。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜