徳川家康によって定められた中山道42番目の宿場で、現在は長野県木曽郡南木曽町、蘭川東岸に位置しており、隣接する馬籠宿と、馬籠峠を越える旧中山道史蹟と合わせて木曽路を代表する観光名所として名を連ねています。経済成長に伴い、時代の変化と共に全国の伝統的な街並みが姿を消して行く中、地域を挙げて、いち早く景観保全活動に取り組んだことが認められ、1976年、国の伝統的建造物群保存地区の最初の選定地区の一つに選ばれております。
歴史
中山道六十九次のうち、妻籠宿は、江戸から数えて42番目にあたり、中山道と伊那街道の交叉する交通の拠点として古くより賑わっておりました。時代が明治に変わり、鉄道や道路が新たに造られ、宿場町としての機能を失った妻籠宿は徐々に衰退して行きましたが、やがて昭和になり経済成長の中、江戸時代の宿場の町並みを色濃く残している景観が見直され、全国でも真先に保存運動が起こりました。妻籠の人達は、街並みを守るために、ここで生活しながら、江戸時代の町並みという貴重且つ重要な財産を後世に伝えています。

見どころ
妻籠宿は、昭和43年に町並みの保存が始まり、昭和51年に、国の重要伝統建造物保存地区に選定されました。総面積日本一となる全長500mの町並みは、江戸のたたずまいをそのまま残した土産店や食事処が軒を連ねており、あたかも江戸時代にタイムスリップした様な感じで、どれも当時の面影を残し、懐かしさと郷愁を感じる情緒あふれる宿場町です。周辺には、妻籠宿~南木曽町中心へ向かうコースや、馬籠~妻籠宿へのコース等、史跡をめぐりながらのハイキングコースも充実しています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

長野の人気アクティビティランキング

妻籠宿 (観光情報) | 長野観光| VELTRA(ベルトラ)

徳川家康によって定められた中山道42番目の宿場で、現在は長野県木曽郡南木曽町、蘭川東岸に位置しており、隣接する馬籠宿と、馬籠峠を越える旧中山道史蹟と合わせて木曽路を代表する観光名所として名を連ねています。経済成長に伴い、時代の変化と共に全国の伝統的な街並みが姿を消して行く中、地域を挙げて、いち早く景観保全活動に取り組んだことが認められ、1976年、国の伝統的建造物群保存地区の最初の選定地区の一つに選ばれております。