野沢温泉スキー場 (観光情報) (観光情報) | 長野観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
野沢温泉スキー場
野沢温泉村は、長野県の北部に位置していて上信越高原国立公園の景観の良さと、その一部を含む約297haがスキー場区域として使われ、広大なゲレンデにおけるパウダースノーの上でのスキーと外湯にて温泉を満喫する事が出来ます。温泉街にある十三の外湯は、村の人たちの共有財産となり、外湯天然温泉100%かけ流しで、村人たちに管理された外湯では、温泉はいつも清潔です。村人たちも、訪れた旅人たちも気持ちよく使えます。
歴史
大正12年、飯山鉄道が桑名川まで開通、大正14年の長野電鉄が屋代・木島間の開通などでアクセス改善を背景として、スキー競技会の開催などにより野沢温泉スキー場は発展を遂げてきました。そして昭和28年、東郷村から野沢温泉村に村名変更、昭和31年に市川村と合併して、野沢温泉村が誕生しました。昭和30年代、社会基盤の整備が進む中、昭和38年にスキー場を含め施設すべて村営となり、昭和46年2月にオーストリアのサン・アントン村と姉妹村提携が行われ国際親善に役立ってきた歴史があります。

見どころ
野沢温泉スキー場は、長野県下高井郡野沢温泉村に在するスキー場で、最上部のやまびこから、最下部の柄沢まで標高差が1085mに達する日本屈指のスキー場であり、最長滑走距離は約10kmになります。スキー場、野沢温泉の温泉街、村が一体となってスキーリゾートを作り上げて来た事でも知られています。最大斜度39度のチャレンジコースは完全に上級者限定のコース、最大斜度32度のシュナイダーコースでは大きめのコブがびっしりと並ぶ全国にその名を轟かせる難斜面、最大斜度12度の上の平ゲレンデ他、複数のゲレンデとゴンドラやリフトなどの施設があります。

長野人気アクティビティランキング

野沢温泉スキー場 (観光情報) (観光情報) | 長野観光 VELTRA(ベルトラ)
野沢温泉村は、長野県の北部に位置していて上信越高原国立公園の景観の良さと、その一部を含む約297haがスキー場区域として使われ、広大なゲレンデにおけるパウダースノーの上でのスキーと外湯にて温泉を満喫する事が出来ます。温泉街にある十三の外湯は、村の人たちの共有財産となり、外湯天然温泉100%かけ流しで、村人たちに管理された外湯では、温泉はいつも清潔です。村人たちも、訪れた旅人たちも気持ちよく使えます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜